BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. WEB制作・デザイン
  4. WordPress・その他CMS
  5. Node.js製の軽快なブログ特化CMS「Ghost」
by ウラカワ ウラカワ

Node.js製の軽快なブログ特化CMS「Ghost」

Node.js製の軽快なブログ特化CMS「Ghost」

こんにちは、ウラカワです。
色々なCMSを試してみようシリーズ(?)第2段はGhostです。

Node.jsを直接ローカルにインストールしても動かすことは可能なのですが、今回は仮想マシンにインストールにします。

必要なものはVagrantVirtulBoxです。
今回試した時点での環境はホスト・VMで以下のようになっています。

  • Windows 10
  • VirtulBox 5.2.16
  • Vagrant 2.1.2
  • Ubuntu: 16.04
  • Node: 8.11.3
  • Ghost-CLI: 1.8.1

仮想マシンにインストール

まずはvagrantfileを作成。

vagrantfileの中身を以下のように設定しました。

ghost installはrootで実行出来ないようなので、ghost本体のインストールだけはprivileged: falseと指定してvagrantユーザーで実行しています。

それと今回は同期設定をしていません。
同期設定をするとghostのインストールでコケたからです・・・。

解決出来たら追記しようと思います。

次に仮想マシンを作成する前にプラグインをインストールしておきます。

これを入れておくとhostsファイルに自動で書き込んでくれます。

あとは仮想マシンを作成します。

完了するまで待機。

と出ればインストール完了。

http://ghost.local/ghost/ にアクセスして以下の画面が出れば成功です。

基本的な部分を触ってみる

必要事項を入力してログインするとダッシュボードが表示されます。

シンプルで良いですね。そしてとても軽い。

英語が分からずとも何とかなる画面構成です。

記事の編集画面はこんな感じです。基本的にMarkdownです。

プレビューを表示しながら書くことも出来ます。

Markdownエディターに慣れている人は使いやすいかもしれません。

また、koenigと呼ばれる次期エディターを開発中のようで、開発段階のものですが試すことが出来ます。

ご覧の通りどこかで見たことがあるような画面ですね。

そう、MediumやWordPressのgutenbergにそっくりです。

今後のエディターはこれがスタンダードになっていくのでしょう。

アイキャッチやディスクリプションなどの基本的な設定は用意されており、サイト全体、記事毎にコードを埋め込める機能もあるため、インストールするだけでササっと始められそうです。

他に普通のブログには無い機能として以下のようなものがあります。

  • 静的ページ機能(WordPressでいう固定ページ。ただし投稿場所は同じ)
  • AMP対応
  • Slackとの連携
  • Zapierとの連携
  • Unsplashとの連携(編集画面でフリー写真を選んで使うことが出来る)

皆大好きダークモードもあります!(まだベータ版ですが)

逆に機能が絞られていて運用上問題になりそうなのは以下3つかなと思います。

  • ghost本体の更新は管理画面からは出来ない
  • 記事の分類はタグのみでカテゴリーは無い
  • 記事のURL(パーマリンク)は日付+スラッグスラッグのみ。
    http://ghost.local/welcome/
    http://ghost.local/2018/08/07/welcome/

ちなみにタグ、著者ページは以下のようなURLとなります。

http://ghost.local/author/hoge/
http://ghost.local/tag/hoge/

静的ページ機能を使ったページはスラッグのみのURLとなるので、記事は日付ベースにしておいた方が差別化出来そうです。

最後に

ghostはシンプルにブログに特化しているのがウリで、その通りブログを書くための必要最低限の機能だけが揃っている感じです。

余計なことが出来ない分執筆に集中出来ますし、装飾過多の変な記事にもなりにくいので、メディアサイトや会社ブログとしての採用は有りだと思います。

ですが、やはりnode.jsが最大の問題です。一般的なレンタルサーバーでは動きません。

VPSやクラウドにインストールが出来たとしてもその後のメンテを考えると知識がそれなりに必要です。

システムは執筆に集中出来る作りになっているのに、インフラで四苦八苦して時間を食うのは本末転倒のような気もします。

そう考えるとインフラを熟知している方以外は有料で提供されているProプランを契約するのがベストな選択かもしれません。

ページの先頭に戻る