Illustratorで画像に透明グラデーションを掛ける方法だよ

Illustratorで画像に透明グラデーションを掛ける方法だよ

最近かなり涼しくなって来ました。このぐらいの気温がちょうどいい西です。

不透明マンガ01
今回はイラストレーターで不透明マスクを使って画像などに透明のグラデーションを掛ける方法を説明したいと思います。

フォトショップで画像に透明グラデーションを掛ける方法は以前のブログに掲載されていますが、今回はイラストレーターなので操作の仕方が全く違います。
レッツ透明!(操作説明はIllustratorCC2017となります)

完成イメージ
上記のように端に向かって透明になるグラデと円形に透明になるグラデを掛けていきたいと思います。

線形グラデーションで不透明マスクを掛ける

スナメリ
まずイラストレーター上に「ファイル」→「配置」で好きな画像を配置します。
スナメリの赤ちゃんです。かわいい。
長方形を作成
次に「長方形ツール」を使って画像の上に画像と同じサイズかそれより大きいサイズの長方形を作ります。

そしてその長方形に白と黒でグラデーションを掛けます。

透明パネル
次に「透明パネル」を出します。
「ウィンドウ」→「透明」で透明パネルを出す事ができます。
マスクをかける
配置した画像とグラデを掛けた長方形をどちらも選択して、透明パネルの「マスク作成」ボタンを押します。

すると…
透明グラデーション
画像に透明グラデーションが掛かりました!
背景に黒
分かりやすいように背景に黒を置いてみました。
きちんと徐々に透明になっているのが分かります。

黒い方が透明になる

黒が透明、白が不透明
不透明マスクは黒が透明、白が不透明となります。

なのでグラデーションを自分の好みで調整することで透明部分が自由に変更できます。
マスクを反転
透明パネルの「マスクを反転」にチェックを入れると先ほどとは逆に黒が不透明、白が透明に変更することも可能です。

こんなこともできます

リンクを外す
画像を選択すると透明パネルの中で画像とマスクを掛けている長方形部分が表示されるのですが、これのリンクを外して自由に中で動かす事ができます。

真ん中にある鎖のマークを押してリンクを解除します。
画像のみ移動
画像を選択して位置を変えてみると、マスクはそのままに画像のみを移動できます。
マスクのみ移動
マスクの方を選択して位置を変えると画像はそのままにマスクを移動する事ができます。

円形グラデーションで不透明マスクを掛ける

続いて円形で透明になる方法です。
円を作る
「楕円形ツール」でマスクを掛けたい所に円を作ります。

グラデーションの設定で種類を「円形」にして外側が黒になるようにします。
円形でマスクを掛ける
後は先程と同じ手順ですが、画像と円を両方共選択して透明パネルで「マスク作成」を押します。
すると…
円形不透明マスク完成
画像に円形の透明グラデーションが掛かりました!

画像だけじゃなくオブジェクトにも使える

不透明マスクは画像だけではなくパスでできたオブジェクトにも掛ける事ができます。
エビ子
ここにイラストレーターで描いたエビ子がいます。
エビ子に不透明マスク
先程と同じ工程で同じように透明グラデーションを掛ける事ができました!

エビ子ー!

注意点

ご注意1
1点気をつけないといけないのが、透明パネルの不透明マスク部分を選択している状態だとマスクのみを編集するモードになっています。

レイヤーも不透明マスクのレイヤーになっています。

このままだと普通のオブジェクトが触れないので「あれ?何も触れない!」となってしまう事があります。
ご注意2
透明パネルの左側の通常画面が表示されている部分を選択すれば通常のモードに戻るので間違えないように気をつけて下さい。

不透明マンガ02

最後に

私がイラストレーターを使い始めたころは、イラレ上で画像に透明グラデーションが掛けれるなんて思ってもいませんでした。

画像の編集といえばフォトショップだろうと思っていたので、初めて知った時はイラレで出来るんだ!とビックリしましたw

私みたいな方が他にもいるかもしれないし、いないかもしれないけど今回ご紹介させて頂きました。

ここまで読んでくださりありがとうございます!

同じカテゴリー(WEB制作・デザイン)の記事