>  >  >  > 

今一番キてるらしいSNS「マストドン」について

今一番キてるらしいSNS「マストドン」について

こんにちは、ようやく花粉の時期が終わり最幸な気持ちなムラタです。

今回は最近SNS業界でビッグウェーブになりつつあるSNS「マストドン(Mastodon)」についてご紹介したいと思います。

マストドンってなに?

Twitterと同じようなようなサービスを個人や企業などが個別に運営できるオープンソース型SNSで、ドイツのオイゲンさんという方が開発されたそうです。

日本では4月13日にyahooニュースにて紹介されてから注目されはじめていて、利用者は爆発的に増えています。

最大の特徴としてオープンソースであるということから、FacebookやTwitterのように1社が独占してサービスを提供する形ではなく、サーバーとある程度の知識があれば個人や企業など誰でもマストドンを提供する側になれるというわけです。

ちなみに「マストドン」とは約4,000万年前から11,000年前に生息していたとされるゾウやマンモスなどの大型哺乳類の総称だそうですが、正確にはオイゲンさんが同名のバンドのファンで、マストドンという名前が凄いクールに感じたらしくそこからとったらしいです。

まあ特に深い意味は無いということなんでしょうか。

Twitterとの違いって?

機能的にはTwitterと同じ感じで、決められた文字数内でメッセージを書いたり、画像を添付したりできるのですが、下記のような違いがみられます。

文字数の違い

Twitterでは文字数140文字までですが、マストドンでは500文字まで入力することができます。そんな使う事あるんですかね・・・

機能は同じでも呼称が違うもの

Twitterでは投稿することを「ツイート」といいますが、マストドンでは「トゥート」といい、「吠える」の意味だそうです。

トゥートって言いづらいですし、「吠える」ってなんだか荒々しいイメージですね。

またTwitterでの「リツイート」機能は、マストドンは「ブースト」といいます。
こっちはなんだか響きが格好良くていいですね。

インスタンス(サーバー)を選択する

前述で触れたとおり、TwitterやFacebookのように1つの企業だけが提供するのではなく様々な個人・企業が自前のサーバーに展開していくサービスになっています。

それらマストドンが展開されるサーバーを「インスタンス」と呼びます。
ユーザーはマストドンを始める際はどのインスタンスで始めるか選ぶところから始まります。

ただ、個人でインスタンスを立ち上げることもできるので、悪意ある人間がメールアドレスとパスワードを集めるためだけにインスタンスを立ち上げることも考えられます。

個人での運営をしているインスタンスに登録する際は捨てアドを使ったりパスワードもいつもと同じものを使用しないなど個人個人での対策も必要になるのではないでしょうか。

また利用しているサーバーに関しても貧弱なところだとアクセスが集中したときにすぐ落ちたりつながりにくくなる可能性もあります。

インスタンスには漫画やイラスト、映画、モノづくりなど特定の話題に特化したものがあり、日本でユーザー数の多い有名なところでは下記が挙げられます。

  • mstdn.jp
    管理者は「nullkal」さんという大学院生の方が、元々個人でされていたのですが、最近ドワンゴに入社されたそうで、運用は引き続き個人でされるのかドワンゴに移るのか良く知らないです。
  • pawoo.net
    イラストコミュニケーションサービスで有名なpixivが運営するインスタンス。pixivのアカウントとの連携なども可能。当然イラストなどに関する投稿が多いです。
  • friends.nico
    ニコニコ動画で有名なドワンゴが運営するインスタンス。
    こちらもニコニコ動画のアカウントとの連携が可能なようです。また「お気に入り」の部分が「ニコる」になっているなど細かいカスタマイズもある模様。(ニコるて何?)

他にもジャンルごとの沢山のインスタンスが日々増え続けているのでぜひ自分の趣味趣向にあったインスタンスを探してみてください。

「マストドン インスタンス」などで検索するとまとめてくれているサイトが沢山でてきます。

インスタンス間でのやりとり

マストドンのアカウントはインスタンス毎になるので、Aというインスタンスで作成したアカウントでBというインスタンスでログインすることはできません。

「じゃあ異なるインスタンスのユーザーと交流する際はいちいちそのインスタンスのアカウントを新しく作らないといけないの?」

その答えはNOです。

例えば同じインスタンス内であればリプライをする場合「@ユーザー名」だけでやり取りできますが、異なるインスタンスの場合は「@ユーザー名@インスタンス名」とすることでやり取りが可能となります。

この「ユーザー名+インスタンス名」の表記は「フルハンドル」と呼ばれるそうです。

実際にマストドンを使ってみよう

それでは実際にマストドンを使ってみましょう。

まずはインスタンスを決めるところからですが、今回は「mstdn.jp」にしてみます。
早速mstdn.jpにアクセスしましょう。

アクセスするとまずアカウント情報を登録する画面になるので、「ユーザー名」「メールアドレス」「パスワード」を入力しましょう。

入力できたら「参加する」ボタンをクリックしてユーザー登録完了です。

この際、すでに使われているアカウント名やメールアドレスであればエラー画面に映りますので、戻って別のアカウント名やメールアドレスで再登録しましょう。

無事登録が完了すると登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、メールの本文内のリンクから本登録しましょう。(全文英語のメールなので届かない人は迷惑メールに振り分けられていないかチェックしましょう)

ログインが完了したらホーム画面が表示されます。
いよいよマストドンデビューの始まりです。

マストドンは4つのカラムから構成されています。(このへんはインスタンスによって異なるかも?)

まず一番左端にあるのが、タイムラインやユーザー設定に関するメニューであったりトゥートするためのカラムになります。

トゥート

トゥートに使用できる機能ですが、顔文字の挿入、画像の添付、公開範囲の設定、CW(コンテンツワーニング…本文を読ませる前の忠告文)があります。

まず顔文字に関してですが、これはおそらくTwitterと同じ種類の顔文字でしょうか・・・?Twitterで顔文字を使うことがないのでわからないですが、とにかく種類と数は十分なようです。

次に画像の添付ですが、これには「NSFW」と呼ばれる機能がついており、「Not safe for work(職場閲覧注意)」の略らしいです。

どういう機能なのかは名前からだいたい察することができると思いますが、アダルトな内容だったり深夜の飯テロだったり、画像を表示する際にワンステップ挟むようになります。


↓実際の表示はこのような感じになります。

最後に「CW(コンテンツワーニング)」ですが、こちらも先ほどのNSFWと似たようなものですが、画像ではなく投稿テキストに対して全文表示する前に確認させることができます。

映画に関するネタバレ発言とかに使えそうですね。

CWを有効にすることで入力欄が上下で別れるので、上の入力欄に「閲覧注意!」などの確認メッセージを入力し、下の欄に本文を入力します。

実際の投稿画面ではこうなります。

ユーザー設定

上部メニューの右から2番目の歯車アイコンからユーザー設定を行えるので、始める前に表示名の変更やアイコン・背景画像の設定、通知設定などを行うといいでしょう。

ホームタイムライン

次に左から2番目のカラムですが、「ホームタイムライン」と呼ばれ、自分の投稿と自分がフォローしている人の投稿が表示されるタイムラインになります。

この記事を書いている時点で何も投稿していないし誰もフォローしていなかったので何も表示されていませんが、説明書きがあるようにまずは「連合タイムライン(後述にて説明)」や検索機能を使って他のユーザーをフォローしましょう。

通知

左から3番目のカラムは「通知」カラムとなっており、フォローされたときやブースト(リツイート)されたときにここに通知がでるそうです。

タイムライン・その他

最後に右端のカラムですが、ここに「ローカルタイムライン」や「連合タイムライン」を表示させることができるほか、「お気に入り」した投稿や「ブロック」または「ミュート」したユーザーの確認などもここから行えます。

ローカルタイムライン

現在のインスタンス内の投稿が一覧で流れていきます。まずはここを見ながらフォロワーを増やしていくといいのではないでしょうか。

連合タイムライン

この「連合(連邦)タイムライン」には下記の投稿を合算したものを出力するようです。

  1. 現在のインスタンスにいるユーザーの投稿
  2. ①がフォローしている他のインスタンスユーザーの投稿
  3. ②がブースト(リツイート)したその他のユーザー

正確にはちょっと違うかもしれませんがざっくりいうとこんな感じらしいです。
要約すると現在のインスタンスの全ユーザーのホームタイムラインをまとめたものがここに流れるということですかね。

サーバー情報

「サーバー情報」を見ることで現在のインスタンスを管理している個人または企業の確認ができます。ここにはインスタンス毎のルールや連絡先が書いているので一度目を通しておくといいでしょう。

自前のインスタンスを立てたい

インスタンスを探すにあたって自分の希望するインスタンスが見つからない場合、自分でインスタンスを立てるという選択肢もあります。

冒頭に触れた通り、マストドンのインスタンスを立ち上げるにはサーバーと構築するための知識が必要となってきます。

普段からLinux系のOSを触られてる人なら数時間程度で構築できるので難しくないらしいのですが、自分のようにまったく知識がない人間にはかなりハードルが高いのは間違いないです。

気になる方は「マストドン インストール」や「マストドン 構築」などで検索してみると色々な人がやり方が書いてくれていますので、一度見てみるといいのではないでしょうか。

ちなみに、割と簡単にインストールする方法として「さくらのクラウド」がスタートアップスクリプトを利用する方法を紹介していますが・・・

う、うーん・・・?実際触ってみたら意外と簡単なんですかね・・・?

このままマストドンが流行しつづければそのうちWordpressみたいにどのレンタルサーバーでもワンクリックインストールみたいなのでてくるんでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか?

まだまだ今後どうなるか分からないですが、流行り物が好きな人はとりあえず触っておいても良いのではないでしょうか?ビッグウェーブ(仮)ですしね!

ちなみに自分はTwitterすら満足に使えていないので今後も使い続けられる自信はないです。

同じカテゴリー(WEB制作・デザイン)の記事

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング