>  >  >  > 

ホームページを初めて制作会社に依頼するとき、先に考えておきたいこと

ホームページを初めて制作会社に依頼するとき、先に考えておきたいこと

こんにちは、デザイナーかわさきです。うまい棒のチーズ味を食べるときは栄養バランスを考えてサラダ味も食べるよう心がけてます!

……さて、この記事は、なんとなく「ホームページを作らないとなぁ…」と思っているけど、具体的にどうしたらいいかわからない方向けに書きました。

タイトルは「初めて」としましたが、リニューアルするときにも当てはまります。

Webサイト(ホームページ)制作、いわゆる「5W1H」に当てはめると…

What(なに)

何のためのホームページなのか?(実店舗に来店してほしい・資料請求してほしい・ブランディングしたい…etc)

Who(だれ)

誰がホームページを利用するのか?(30代サラリーマン・○○市在住の人・肩こりに悩んでいる人…etc)

When(いつ)

いつ・どんなシーン・シチュエーションでホームページを利用するのか?(通勤中・週末・夏休み中…etc)

Where(どこで)

どんな場所・環境ホームページを利用するのか?(自宅・職場、食卓・ベッドの中…etc)

Why(なぜ)

なぜ利用者はそのホームページを利用するのか?(メリット等)

How(どのように)

どのようにホームページを利用するのか?

となります。

この中+αから最初の最初、制作会社へお問い合わせする前に考えてみて頂きたいことをもう少し詳しく書いてみます!

なんのためにWebサイト(ホームページ)を作るのでしょうか?

1

これが一番のキモです。

コレがなくしてWebサイト(ホームページ)は存在しません。

例えば、同じアパレルショップのサイトでも

  • 店舗をアピールして来客を増やしたい
  • インターネット通販で服を売りたい

この2つの目的では、サイトの規模も、予算も、デザインも、その後の展開方法もまったく変わってきます。

目的があってこそのWebサイト(ホームページ)ですので、全く決まっていない…ということはまずないかと思いますが、ぼんやりとではなくしっかり言語化出来るところまで考えましょう。

どんな人が利用するWebサイト(ホームページ)でしょうか?

2

男性・女性、年齢はもちろんですがもっと具体的に

  • 福岡県在住の海外旅行が好きな30代女性
  • 仕事の付き合いでよくゴルフをプレーする経営者
  • 腰痛に悩んでいる子どもがいる主婦

などなど。

最終的には実際にそんな人がいると想像できるくらい具体的に考えてみましょう。

※マーケティング用語でペルソナと言います。

例えば、マグネッツのサイトですと…

  • 福岡でWebサイト(ホームページ)を新しく作りたい会社さん、現在のサイトが効果が上がらず悩んでいる会社さん
  • 実際に名刺を交換して「マグネッツさんってどんな会社かな?」と思われているお知り合いの方
  • WEB制作の求人を探している求職者、WEB制作の情報を集めている同業の方

などを想定しています。

「どんな人」に向けて発信するのかによって、デザインやコンテンツ内容などはまったく違ってきます。

例えば、お年寄り向けのサイトだったら見やすく大きな文字で表現したほうがいいでしょうし、特定の職種の人が利用するサイトだったら大前提となる情報は省いて、より詳しい情報に特化したほうがいいでしょう。

利用者のことを考えるときは、「自分の好みや嗜好は一旦忘れる」ことが非常に重要です!

例え自分が50代のおじさまだとしても、女子高生向けのサイトを作りたいのであれば出来る限り女子高生の気持ちになりきってみましょう。(なかなか難しいところですが…)

身近に想定する客層に近い人がいるのであればしめたものです。どんどん意見を聞いちゃいましょう。

どんな競合がいるのでしょうか?競合他社のWebサイト(ホームページ)はどんなサイトでしょうか?

3

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」です!

利用者が検索しそうなキーワード(例えば「エステ 福岡」など)で検索してどんなサイトが出てくるかひと通りチェックしてみましょう。

また、競合他社のサイトを直接見て、どんなサイトなのかも要チェックです。

チェックするとき、

  • いいと思ったところ
  • 足りないと思ったところ
  • 自社がここは 勝てる/負ける と思ったところ

…などをピックアップしていきましょう。

では、自社の強み・弱みはなんでしょうか?

4

今度は己を知る番です。

もし、リニューアルで現在のサイトがある場合は、先の項目と同じようにサイトのいいところ・足りないところなどをピックアップしましょう。

新規制作の場合も、これからサイト経由で提供していく自社の製品やサービスの強み・弱みを見なおしてみましょう。

具体的にWebサイト(ホームページ)でどんなことがしたいのでしょう?

5

例えば毎日日替わりランチのメニューを掲載したかったらブログ機能などを搭載した方がいいですし、オンラインショップでものを売りたい場合、もちろんカート機能が必要です。

具体的に浮かばない場合は、制作会社にどんどん提案して!とお願いするのもいいと思います。

どのくらいまで予算をかけられますか?

6

お金はとっても大事ですね。

まずはじめにどのくらいまで予算をかけても大丈夫か、ざっくり考えておきましょう。

予算感がわからない場合は、制作会社に見積もりを依頼してどのくらいかかるのかまずは確認しましょう。
その際、複数社に依頼し、比較検討することをオススメします。
また、単に「高い・安い」だけで見ずに、対応がいいか・どんなことをしてもらえるか・これまでの制作実績はどうか…など、総合的に判断することが大事です!

どうしても作りたいサイトと予算が合わない…という時は、まずは必要な部分だけ制作し後から追加していく…というのもひとつの手です。(ボリュームを削らないお値引き…というのは制作会社もなかなか厳しいのです><)

マグネッツではご予算に合わせた最適なご提案も可能ですので、是非ご相談ください!

以上、いかがでしたでしょうか?
「こんなのわかってるよ!!」という方もたくさんいらっしゃったかと思いますが、初めの「は」ということでここはひとつ…。

考えてみてもよくわからない部分があるなぁ…と思われましたら、是非一度マグネッツまでお気軽に疑問をぶつけてください。自社でも気づかない潜在顧客や強み、そしてどんなWebサイト(ホームページ)をつくっていったらいいのか…を発掘し、ご提案させていただきます。腕がなりますね~。

フォームからお問い合わせされる際は、早速この記事で考えたことを「お問合せ内容」でお伝えください!

同じカテゴリー(WEB制作・デザイン)の記事

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング