背景に動画を流しているゲームサイトまとめ

背景に動画を流しているゲームサイトまとめ

こんにちは、ソロニストの村田です。

皆さんは最近ゲームはしていますか?
昔はアホみたいにゲームばかりしていた自分も最近ではめっきりゲームに時間を割くことが少なくなってきました。

いつのまにやら世間ではPS4やらXboxOneやらWiiUやらの次世代ゲーム機が出揃ったのにも関わらず、そのうちのどれも所持していない私ですが今回は最近のゲームサイトの中から背景全面に動画を流しているサイトを探してみました。

背景に動画(webM or MP4)

背景全面にwebMないしMP4形式のゲーム内の動画をリピートで流しているサイトになります。

中にはいきなりBGMが流れるものもあるので要注意です。

m20140926-01

全世界で人気の戦争をテーマにしたFPS(一人称視点)ゲーム「Call of Duty」シリーズの最新作。

ファーストビューに綺麗で迫力のあるゲームの幾つかのシーンが流れます。

また動画以外にも下の方にスクロールしていくとコンテンツが流れてきたり背景画像が微妙に動いたりと芸が細かいです。

レスポンシブではないですがスマホサイトもしっかり対応しています。
スマホだとさすがに背景に動画は流していませんね。

m20140926-02

Far Cry 4 ※音声が流れます ※暴力的な映像が流れます

ドイツのゲーム会社「Crytec」が開発したサバイバルFPSの最新作。

サイトを開いて少し間が開いた後Far Cryの世界観がよく分かるムービーが流れ始めます。リピート再生で延々と流れ続けるので注意です。

このサイトはレスポンシブデザインとなっており、ウインドウ幅を縮めていくとスマホ向けの構成に切り替わり、動画の音声が止まり画面も静止画に切り替わります。

m20140926-03

またまたFPSで、未来の世界を舞台にしたMMO(大規模大多人数型)の要素を含んだFPSらしいです。

ファーストビューでは5つの世界観や戦闘シーンなどの美しいムービーが切り替わりながら流れます。レスポンシブデザインですが、こちらはウインドウサイズを縮めても動画はそのまま流れています。

ただし、スマホで見た場合はやはり動画ではなく静止画に切り替わるようです。

このサイトの本当に凄いところはTOPの動画ではなく、動画すぐ下にある「EXPLORE OUR SOLAR SYSTEM」というコンテンツで、Googleの技術を使っているらしく、このゲーム内での「月」「火星」「金星」をGoogleストリートビュー風に確認することができます。

しかもこのコンテンツはスマホにも対応しているのが驚きです。

m20140926-04

ベヨネッタ2 ※BGMが流れます

日本のゲーム会社セガが手がけるスタイリッシュアクションゲーム。

ほぼ画面全体を使って流れる動画はかなりド派手です。

レスポンシブではないですが、スマホでアクセスした場合はスマホ専用のページヘと飛ばされます。

m20140926-05

このシリーズは自分も初耳なのでよく分からないのですが、広大なフィールドを自由に探索しながら進めるアクションRPG?

サイトを開くと動画が流れ始めますがリピートはせず、動画が終わると各コンテンツへのメニューが表示されます。

フッターにある「地図を見る」をクリックすると急にBGMが流れるので要注意ですが、このゲーム内の地図をぐりぐり動かしながら各地域で起こった出来事などが確認できる仕組みになっているようです。

こちらもレスポンシブデザインに対応しています。

m20140926-06

アメリカの「Turtle Rock Studios」という会社が開発したco-op(2人以上のプレイヤーが協力して敵と闘うゲーム)サバイバルアクションゲーム。

4人のハンター側プレイヤーと敵対する強大なモンスターもプレイヤーが操作する4対1というのが面白いです。

サイトは背景にゲーム画面の短いシーンを繋ぎあわせたものをリピートで流しており、レスポンシブデザインとなっています。

また多言語対応しており、日本語を含む9ヶ国語に変更できます。

m20140926-07

零 ~濡鴉の巫女~ ※音が流れます

日本のゲーム会社「コーエーテクモゲームス」が手がけるホラーゲームの零シリーズの最新作。

サイトの背景には雨音が流れる中、いかにも何か出そうな場所の映像が坦々と流れます。途中何か出てくるんじゃないかと思わせるような内容ですが特にそういった驚かすようなことはないです。ただ、最後まで映像を見続けると・・・

あとTOPから各コンテンツに移動する際はホラーな映像が流れるので注意です。

レスポンシブではないですがきっちりスマホサイトも用意されています。

m20140926-08

ゲームに詳しくない人も必ず一度は耳にしたことはあるくらい有名な「ドラゴンクエスト」の新作。

背景のうごめいているモンスター達はwebm動画でサイトを開いた時にフェードインしてくるキャラクターたちはFlashで表示しているようです。

こちらも当然スマホに対応しています。

おまけ

ここまで新しいゲームサイトばかり紹介しましたが、逆に昔の公式ゲームサイトってどんな感じなんでしょうか?

気になったので見つかる範囲で探してみました。

m20140926-09テクモ株式会社(現コーエーテクモゲームス)が発売した敵を罠にハメて倒していくゲームで自分も昔プレイしましたが結構ストーリーがエグかった記憶があります。

ソフトの発売日は1996年ですが、恐らくサイト自体が作られたのはテクモの公式サイトが作られた1997年頃だと思われます。

内容はストーリーとキャラクターの紹介だけというシンプルなもの。ソースをみるとそこには「HomePage Builder」の文字が・・・

ちなみにテクモはかなり昔からサイトに力を入れていたようでwaybackmachineで一番初期のサイトを覗いて見ると英語版のサイトを用意していたりファンサイト用に素材を配布していたり色々なことやってます。

m20140926-10NINTENDO64で発売されたゼルダシリーズの1本で人気が高くニンテンドー3DSでもリメイクされました。

発売されたのは1998年で、tableで組まれているあたり時代を感じますね。

また面白いのが、「攻略Q&A」というコンテンツで行き詰まったプレイヤーのために各ダンジョンのヒントを公開していて、その中に「Q&Aを見てもまだ分からない場合は、お客様ご相談窓口にお電話でご質問ください」とあります。

今でも答えてくれるのでしょうか・・・

最後に

いかがだったでしょうか?

やはり背景に動画が流れているとインパクトがあるしそのゲームの世界観もすぐ把握できていいですね。

またジャンルに関係なくレスポンシブないしスマホ用のページを用意しているサイトもかなり多くなってきているようですね。

同じカテゴリー(WEB制作・デザイン)の記事