BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. WEB制作・デザイン
  4. "伝わる"WEBサイトデザイン フォントについて考える。
by きど きど

“伝わる”WEBサイトデザイン フォントについて考える。

“伝わる”WEBサイトデザイン フォントについて考える。

こんにちは、城戸です。

セミの鳴き声を聞くと田舎に帰りたくなるそんな毎日を過ごしています。

今回は、”伝わる”WEBサイトで意識するフォントの重要性についてご紹介します。

目次

デザインにおけるフォントの重要性

文字の目的は「意味がわかる」ことにあります。
フォント選びを怠ると、文字が見えなかったり、意味が伝わらなかったりします。

多くのフォントには、真面目、カジュアル、陽気、高級感など、独特なムードと個性があります。

フォントを選択する際に、そのフォントがデザインの目的にあっている必要があります。

 

フォントの選び方について

デザインを考えていく上で欠かせないのが「文字」の要素です。
Webデザインをする際には、配色、写真、イラスト、パーツなどは印象付けるのに大きな役割を持っていますが、フォント選びも使い方次第でイメージが変わってきます。

ゴシック体・サンセリフ体

ゴシック体は縦横にやや太い特徴を持つフォントです。
見た目のインパクトを強くすることができます。Webサイトやニュースの文字はゴシック体が基本的に使われています。

与える印象は「目立ちやすさ」、「安定感」、「カジュアル」、「男性らしさ」、「力強さ」などがあります。

認性が高く、情報を目立たせたい時に役立ちます。

明朝体・セリフ体・スクリプト体

明朝体は横画が細く、縦画が太いという特徴があり、毛筆のタッチである飾りも取り入れられています。

与える印象は「大人っぽい」「真面目」「優雅」「上品」「知的」「女性的」などです。
逆に堅苦しさを感じるという面もあるかもしれません。和風か洋風かといえば和風の印象が強いともいえます。

 

注目されやすい、読んでもらいやすくするための工夫

本来フォントの役割は、文章を読みやすくすること=「可読性」と、読者の目を引くために文字を目に留まりやすくすること=「視認性」です。

フォントの種類、文字サイズ、文字の太さ、文字色と背景色の関係性、行間の開け方、1行あたりの文字数、余白、レイアウトを意識しデザインをすることで、「可読性」「視認性」を上げることができると考えます。

 

まとめ

Webデザインではグラフィック面に目が行きがちですが、文字についても十分に注意を払うことが重要です。
Webサイト閲覧者にどのようなイメージを与えたいのか、どの情報を見てほしいかを考え作るとより効果的に「伝わり易い」サイトになるのではないかと考えます。

ページの先頭に戻る