BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. WEB制作・デザイン
  4. デザイン
  5. 夏っぽいデザインを作るためのアイデアを考えてみた
by きど きど

夏っぽいデザインを作るためのアイデアを考えてみた

夏っぽいデザインを作るためのアイデアを考えてみた

こんにちは、城戸です。

最近急に気温が上がり、春の終わりを感じ夏もそろそろか…と引きこもりながら感じる日々です。

今回は夏に向けた夏を感じさせるようなデザインアイデアを幾つかご紹介します。

目次

「夏」とはどんなイメージか考える


一言で「夏」と言ってもいろんなイメージがあります。

ギラギラとした日差し、涼し気な避暑地、海水浴場、日本のお盆や花火、夏祭り、食べ物だとビールやスイカ…など例を挙げると沢山出てきます。

暑さ全開のイメージ涼しげな雰囲気とまずは求められている「夏」の種類を明確にするのが大事です。

 

夏をイメージするカラーを使う

夏を連想するカラーパターンを使用するのはオーソドックスですが確実な方法です。

彩度/コントラストが高い配色は夏の暑さをダイレクトに表現できます。
最近はパステルカラーの配色もよく見られます。

 

水玉やストライプ柄を取り入れる

夏服の柄などでもよく見られる水玉やストライプも夏っぽさを出してくれます。

さわやかでポップな雰囲気を作ることができるのでファッション系のサイトでよく見られます。

 

和風デザインで日本の夏を感じさせる

浴衣の柄や和のテイストのモチーフを使用すると涼しげな雰囲気を作ることができます。

余白をうまくつかい、色数を減らし凛とした涼しさを表現することができます。
印象を強めるために和紙のような用紙が用いられることもあります。

 

まとめ

季節感をうまく表現できれば、見る人の購買意欲やわくわく感を高めたり、旬なイメージを伝えることができます。

まずはどんなイメージの「夏」なのかを考えることが重要だと思います。

また、夏っぽいオブジェクトがなかったとしても、色だけで伝える事は出来るとおもいますし逆もまた然りだと思います。

ページの先頭に戻る