BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. WEB制作・デザイン
  4. 作ってはみたものの結果が出ないサイトにありがちなポイント
by カツゲ カツゲ

作ってはみたものの結果が出ないサイトにありがちなポイント

作ってはみたものの結果が出ないサイトにありがちなポイント

令和最初の夏が終わるな・・?
“マー”坊・・・・

8月も終わりに近づくと、朝晩が涼しくなってきて、思わずこんなセリフを口にしてしまいますよね

今回はそんな夏の終わりにぴったりな話題?

せっかくお金をかけてWEB制作会社に頼んだのに、出来上がったサイトからは全く期待した効果が出なかった。そうなってしまうとお金も時間ももったいないですよね

今回はそうならないために押さえておきたいポイントをご紹介したいと思います(まぁ、制作会社側もそうならないように進める必要があるのですが、お客様のご意向が強すぎてポイズンってなってしまってる場合もあるかと思いますので)

また、今回のブログと合わせて、こちらも読んでいただくと、出来上がったサイトが、より「ん?」ってなりにくいのではないでしょうか

ホームページを初めて制作会社に依頼するとき、先に考えておきたいこと

サイトの目的を明確に

制作会社にお金を払って作るWEBサイトの最終的な目的が「なんとなく綺麗にできてたらOK」って方は非常に稀だと思います

ほとんどの場合

  • 購入してもらいたい
  • 来店してもらいたい
  • 資料請求をしてほしい
  • 求人への応募をしてほしい

などなど、なんらかの具体的な目的があってWEBサイトを作っている(制作会社に依頼している)はずです

スタート時点は具体的な目的を達成するためのサイトを作り始めてたはずなのに、なんのサイトなのかよくわからなくなってしまう理由として、

  • 目的達成の為というよりも自分の好みで作ってしまっている
  • 目的が多すぎて何がしたいかわからなくなってしまっている(購入してもらいたいし、求人の応募も欲しいなど)
  • 文章がうまく書けなかったり、写真などの素材がなくて「今あるものの範囲内で」無理やり作ってる
  • 作り始めたら色々目移りしてしまって本来の目的を忘れてきている

などが挙げられます

「ん?」ならないようにするためには目的をしっかり決めて、達成のためにどういうアクションをとってもらいたいのかをきちんと考えてサイト制作をすることが重要です

誰に見て欲しいのかはっきりしていない

ホームページを作ろうと思ってWEB制作会社に依頼をした段階ではほぼ全ての場合「お客さん」(業態によって求職者の方とか患者さんとか呼び方は異なる場合もあるかと思いますが、ここではお客さんとします)に見て欲しいと考えていたはずです

しかしながら制作が始まってみると、見てもらいたい「お客さん」に向けたサイトではなく「自分が好きな」または「上司がOKっていいそうな」サイトになってしまっていることもあるのではないでしょうか?

WEBサイトになんらかの効果を期待するのであれば、見て欲しい対象に合わせたコンテンツやデザインのサイトになるように心がけましょう

どうやってWEBサイトに来てもらうのか考えていない

どんなにいいWEBサイトでも見られなければなんの価値もありません

WEBサイトに訪問してもらう方法は

  • 検索エンジンからの流入
  • 他のサイトからのリンク
  • SNSからの流入
  • 広告からの流入
  • QRコードからの流入
  • urlを直打ち

いずれかになると思います

検索エンジンからの流入を期待しているサイトなのに、どんなキーワードで来て欲しいのかが考えられていなかったり、SNSからの流入を考えていたはずなのにSNSをうまく運用できていないなど、サイトにきてもらうための施策が考えられていない/実行できていない場合はWEBサイトがなんらかの効果を発揮するのは難しいと思います

手段が目的になってしまっている

例えば、最近動画を使ったWEBサイトも増えてきています

静止画や文字では伝えることが難しいサービスや商品などの特徴を紹介したり、店内のイメージや世界観を伝えるために動画を使うのは非常に効果が期待できて良いと思います

しかしながら、どこかで「最近WEBサイトの中に動画を使うのが流行ってる」ってことを見聞きして、とりあえず、サイトの中に動画を動画を入れたいって感じで、特になんのための動画なのかわからない動画を入れたところで、なんらかの効果を期待することは難しいのではないでしょうか

動画やSNS、なんらかのツールや機能などは、それ自体を入れることが目的ではなく、それらを使ってWEBサイトに期待する効果を発揮してもらうことが重要です

よくわからないサイトになってしまわないようにするために

せっかく時間とお金をかけて作ったサイトが「ん?」ってならないようにするために、弊社では基本的に、制作ディレクション付きでのサイト制作をおすすめしております

基本的には誰に何を伝えて、どうして欲しいのかってことを意識してサイトを作っていけば、よくわからないものにはなりにくいのでしょうか?

サイトを作ったけどなかなか効果が出なかったのでリニューアルしたい、どうせ作るなら効果が出るサイトにしたいとお考えの方はお気軽にご相談ください

それではまた次回。
ンじゃ・・・・流れ
解散だ!

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング
ページの先頭に戻る