BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. WEB制作・デザイン
  4. デザイン
  5. Illustratorのフリーグラデーションを使ってみたよ
by 西 西

Illustratorのフリーグラデーションを使ってみたよ

Illustratorのフリーグラデーションを使ってみたよ

こんにちは、西です。
今回はIllustrator CC2019のアップデートで追加された「フリーグラデーション」を触ってみたのでご紹介したいと思います。
フリーグラデーション_01
最終的にこんな感じで簡単にカラフルなグラデーションが作れます!

フリーグラデーション_02
まずグラデーションパネルのUIが変更しました。
(「ウィンドウ」→「グラデーション」で表示する事が出来ます。)
左から今まで通りの「線形グラデーション」、「円形グラデーション」になり、3つ目が今回追加された「フリーグラデーション」になります。

フリーグラデーション:ポイント編

フリーグラデーション_03
長方形ツールで四角形を作って、選択した状態で「フリーグラデーション」を選択します。
「フリーグラデーション」を選ぶと「描画」の「ポイント」が自動で適応されます。
四角形の端に丸いポイントが追加されて、ひとつひとつに色を置くことが出来るようになります。

スプレッド

フリーグラデーション_04
ポイントはドラッグすることで自由に位置を変える事が出来ます。
また、選択した状態だと点線の円が表示されるので、これを大きくしたり小さくしたりすることで「スプレッド」を変更出来ます。

パネルの「スプレッド」の数値を変更する事でも同じように変更可能です。
「スプレッド」とは色を広げたり狭くしたりする事で、画像のように数字を大きくするとブワァ~と広がり、数字を小さくするとスワァ~と狭くなります。

不透明度

フリーグラデーション_05
ポイントを選択した状態で「不透明度」の数値を変更する事でそのポイントの範囲を透かす事が出来ます。
画像には分かりやすいように赤い星を置いてみました。

バグ?

フリーグラデーション_06
左下にあるポイントの不透明度を0%にしたらポイント自体が消えてしまい、違うポイントが選択された状態になりました…
バグなのか仕様なのか分かりませんが、0%から数値を変更したい時に触れないのでとても不便ですね;
不透明度まわりを調整する際は気をつけてください。

ポイントを増やしたり減らしたり出来る

フリーグラデーション_07
四角形の中をクリックすることでポイントを増やす事が出来ます。
ポイントの数だけ好きな色を置いて複雑なグラデーションにすることが可能です。
フリーグラデーション_08
消したいポイントはドラッグして外に出すか、「Delete」キーで削除する事が出来ます。

フリーグラデーション:ライン編

フリーグラデーション_09
「描画」の「ライン」を選択するとポイントとポイントを繋ぐ事が出来ます。
※ラインの状態ではスプレッドの変更はできなくなっています。
フリーグラデーション_10
「ライン」を選択した状態でクリックするとパスのようなラインでグラデーションを繋ぎます。
ラインで繋ぐ事で滑らかなグラデーションの動きを作ることが出来ます。
ドラッグすると移動も出来ます。
すでにあるポイントとポイントを繋ぐ事も可能です。
フリーグラデーション_11
クリックすると自動で曲線のラインが出来ますがAltを押しながらクリックすると直線が引けます。
フリーグラデーション_12
クローズドパスのようにポイントとポイントを閉じる事も出来ますが、ラインを交差させることは出来ません。

カラーピッカーの追加

フリーグラデーション_13
その他の変更点で地味に嬉しいのが「カラーピッカー」の追加です。
これで簡単に使いたい色をグラデーション内に吸い取る事が出来ます!

最後に

フリーグラデーション_01
ポチポチ触っていたら最初に上げた画像のようにカラフルなグラデーションが簡単にできました!
私はグラデーションメッシュを触るのがすごく苦手なので、今回追加されたフリーグラデーションは簡単な操作で簡易的なグラデーションメッシュっぽいものが作れるのでかなり面白いです。
CC2019にアップデートされた方はぜひ触ってみてください~!

ページの先頭に戻る