BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スペシャル
  4. GW直前 博多っ子がおすすめする福岡に来たらチェックしときたいスポットや食べ物
by カツゲ カツゲ

GW直前 博多っ子がおすすめする福岡に来たらチェックしときたいスポットや食べ物

GW直前 博多っ子がおすすめする福岡に来たらチェックしときたいスポットや食べ物

げなげな(博多弁でこんにちはって意味です)生まれてこのかた福岡市以外に住んだ事がないネイティブ福岡ンのワイです。

あと10日程でゴールデンウィークに突入しますが、皆さんゴールデンウィークのご予定はお決まりでしょうか?毎年ゴールデンウィークで一番人出が多いイベントは福岡で行われる博多どんたくだそうですので、このブログをご覧頂いている方の中にも福岡に旅行にいらっしゃる方もいるんじゃないかと勝手に想像しています。

そこで、生まれてこのかた30数年福岡に住み続けている私や福岡出身者が多い弊社スタッフ達がおすすめする福岡の行っておきたいスポット、食べておきたい料理を独断と偏見でまとめてみましたバイ。(※ご紹介させて頂く施設やお店は敬称略とさせて頂きました。)

このページ中のほとんどの画像はまるごと福岡・博多からお借りした提供:福岡市の写真です。

あ、すいません。今更ですがさっきのあれ[げなげな=こんにちは]はウソです

目次

行っておきたいスポットやイベント

食べて飲んで楽しむ

まとめ

行っておきたいイベントやスポット

博多どんたく

博多どんたく

このお祭りを見る為に来福される方も多いのではないでしょうか?ゴールデンウィーク期間中に日本で一番人が多く訪れるお祭り博多どんたく。

どんたくでは福岡の中心部を通る明治通りで行われる大規模なパレードに加え、天神周辺や博多駅周辺を中心にの市内各地に設置された演舞台で様々なイベントが行われます。

その為、この日の福岡市中心部はどこに行ってもお祭り騒ぎです。

今年は福岡にゆかりのある大河ドラマ黒田官兵衛が放映されている事もあり例年以上に盛り上がるのでは?

天神エリア

天神

数々のデパートや有名店が建ち並ぶ九州最大の繁華街

とりあえずこのエリアに行けばショッピングも買い物もバッチリ楽しめます。

どんたくの日は何故か雨が多いので、天気が悪いときには南北に伸びる長い地下街をぶらぶらしながら天神を散策するのもいいのではないでしょうか?

大名・今泉・薬院エリア

大名エリア

細い道路や路地裏にもオシャレなショップやカフェが立ち並ぶ若者の街ってイメージのこのエリアは天神から歩いてすぐの隣町なので、天神とあわせてチェックする事も可能です。

デパートや有名店が近くにも沢山あるような都会からお越しの方は天神エリアよりもこのエリアを散策する方が楽しめるかも?

博多駅・キャナルシティエリア

キャナルシティ

2,3年ほど前に博多駅の駅ビルがリニューアルしてから更に注目度が上がっている博多駅、キャナルシティエリア。

博多駅には阪急デパートや東急ハンズが入っているのでショッピングが楽しめるのと最上階にある飲食店エリア「くうてん」には福岡内外の人気の飲食店が多数あるので食事もかなりレベル高いです。
また、ゴールデンウィークまでアートアクアリウム展も開催されているようです。

キャナルシティは福岡の中心部では最大級のショッピングモールで大小様々なショップや飲食店がありユニクロやH&M等のファストファッションショップも大きなテナントを構えています。

博多祇園山笠の追い山がスタートする博多の総鎮守、お櫛田さんこと櫛田神社もキャナルシティから歩いてすぐです。櫛田神社以外にも由緒あるお寺や神社もこの近辺に多数ありますので、お寺や神社等がお好きな方はこのエリアを散策されてみるのもおすすめです

福岡オープントップバス

オープントップバス

シーサイドももちコース、博多街なかコース、福岡きらめき夜景コースの三つのコースがあり、どのコースを選んでも、おすすめしたい福岡市内の観光地を回ってくれるので、おすすめです。

実のところを言うと私はまだ乗った事がないのですが天井がないオープントップバスで都市高速を走るのは爽快だそうですよ

※どんたく期間中は一部の便が運休となるそうですので詳しい情報はオフィシャルサイトをご確認下さい。

太宰府天満宮

太宰府天満宮

天神から西鉄電車で約30分程でアクセス可能な学問の神様として有名な神社

天神様(菅原道真公)をお祀りされている全国約12000社の総本宮だそうです。

神社としての見所がたっぷりなのはもちろんですが、近くには九州国立博物館もありますのでアートに興味がある方にもおすすめです。太宰府天満宮にあるスタバがなんだかすごいってのも結構有名です

河内藤園

河内藤園

福岡市内からは車を使えばおおよそ1.5時間程度で着く北九州市にある藤のトンネルが有名な藤園です。

福岡市内から公共交通機関でアクセス出来なくはありませんが、調べたところ結構乗り換えも多く大変そうなのでレンタカーで行くのがいいと思います。

入場料は花の咲き具合で異なりますが、高いときで1000円だったと思います(2013年調べ)その為、入場料が1000円だったら逆にラッキーです。

明太子直売所

明太子直売所

上記のエリアやスポットと比べるとちょっと異質なジャンル分けになってしまいましたが、来福されたお客様をお連れした際には皆さんすごく喜んで頂けるので、これは是非ご紹介しておきたいと思って記載しました。

直売所ではノーマルな明太子以外にもちょっとだけ皮が破れた駅や空港等のお土産もの屋さんに並ばないお得な明太子、イカとか数の子とか色んなのが入った明太子など色々置いてありますよ。

市内中心部よりちょっと離れていますのでレンタカーを使うか、ここで挙げている直売所は市内中心部から自転車でも行ける距離ですのでレンタサイクルを借りて行くのもありだと思います。

なかでも、ふくやさんとやまやさんは工場見学も出来るようです。
私はまだふくやさんの工場直売所にしかお伺いした事はありませんが、こちらはハクハクと言う「工場見学と博多の食と文化の博物館」となっていて、明太子の出来るまでの行程を見れるだけではなくmyめんたいを作る事も出来ます。
個人的なあれですが、かわりみ千兵衛さんっていうゆるキャラも結構好きです

食べて飲んで楽しむ

観光ももちろんですが、こちらを楽しみにこられている方も多いと思います。

福岡にお住まいじゃない方がイメージする福岡の食べ物と言えばラーメン、明太子、もつ鍋って感じでしょうか?

それらが美味しいのは間違いないですが、福岡には他にも美味しい料理が沢山ありますよ。そんなおすすめの料理と知ってる中から美味しいお店をいくつかご紹介したいと思います。

魚(お刺身)

刺身

玄界灘から直送された地魚や九州各地から新鮮なうちに運ばれてくる魚介類が豊富な福岡は魚介類が新鮮でとても美味しいです。

福岡の外からお客様が見えたときにはおいしい魚料理を出してくれるお店にお連れすると皆さん間違いなくご満足して頂けます。

知ってる中からマグネッツの忘年会や飲み会でもお世話になったり、スタッフがプライベートで行っているおすすめのお店ピックアップしてみました。
以下に挙げているお店以外にも魚市場直結の長浜鮮魚市場1Fに沢山の魚料理が食べれるお店がありますのでこちらもおすすめです

ラーメン

博多ラーメン

福岡に来たら博多ラーメンを食べたい!って方が多いと思います。

博多ラーメンは豚骨ラーメンでも他の地域の豚骨ラーメンよりあっさりしてると思います。

私があまりラーメンに詳しくないので、ラーメンが大好きなうちの社長におすすめのお店を3つ挙げてもらいました。

以下のお店はコッテリ系が好きな方に特におすすめだそうですよ。

うどん

丸天うどん

最近テレビでもタモリさんや福岡出身のタレントさんが話している事が多いらしく、結構注目を集めてきている博多のうどん。

讃岐うどんとは真反対にあるようなうどんでコシやシコシコ感が全くないやわらかいうどんです。

このやわやわ麺にはスープがよく絡むというか染み込んで美味しいです。

トッピングとしては丸天と呼ばれる丸いさつま揚げ的なやつやゴボ天と呼ばれるごぼうの天ぷらなんかが一般的です。

餃子

博多の餃子

福岡にしか住んだ事がないので、福岡=餃子ってイメージがある方が多いか少ないかよくわかりませんが、福岡の餃子ってかなりイけてるんです。博多弁で言うとバリヤバです

代表的なものとしては一口サイズの小さめの餃子、揚げたようなぱりっとした皮が特徴の鉄鍋餃子、そして最近は豚骨スープで炊いた炊き餃子も目にするようになってきました。

どの餃子もおすすめですので餃子のお店をはしごするのもいいのでは?

旭軒(一口餃子)
鉄なべ(鉄鍋餃子)
餃子のテムジン(一口餃子)
池ぽん(炊き餃子)

もつ鍋

博多を代表する鍋料理と言えばもつ鍋と水炊きです。ゴールデンウィークは結構暖かい日が多いのでなかなかチョイスに入りにくいかなと思ってまとめて鍋物としてご紹介させてもらいました。

子供の頃はもつ鍋と言えば醤油味のものしか見かけなかったような気がしますが、最近では味噌味やしゃぶしゃぶ風、ポン酢など色んな種類があります。

私もまだ醤油と味噌しか食べた事がないので、他の味はよくわかりませんがもつ鍋屋さんが出すもつ鍋なのできっと美味しいでしょう。

博多の水炊きはお湯に具材を入れてそれから出る出汁とポン酢とかの味付けで食べるのではなく、はじめから具材を鶏のスープで炊き込んでいきますので、最初から最後まで美味しく食べることができます。水炊きは博多の中ではちょっと高級なお料理ってイメージです

やま中(もつ鍋)
良之助(もつ鍋)
一藤(もつ鍋)
新三浦(水炊き)
長野(水炊き)

まとめ

福岡市内の中心地は大きく分けると天神、中洲、博多駅と分けることができますが、福岡の街はとてもコンパクトです。

天神〜中洲〜博多駅間を歩いていく事も十分可能ですし、中心部であれば100円バスや地下鉄での移動も便利です。

どんたく期間中は市内中心部はどこも人が多いと思いますので、お食事するところなんかは行きたいお店が決まってればあらかじめ予約しておかれる事をおすすめ致します。

また、福岡は街をちょっと離れるとすぐに海の中道海浜公園シーサイドももちなど自然や海を楽しむことができますので、人ごみにつかれたらちょっと中心地を離れて一休みするのもおすすめです。

あと、まとめになるまで九州最大の歓楽街中洲については全然触れていませんでしたがあくまでも個人的な意見としては男性だけで行った方が楽しいんじゃないかと思います(ゲス顔)

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング
ページの先頭に戻る