福岡のもつ鍋店 赤門屋さんの灼熱地獄に行ってきた(2年連続2回目)

福岡のもつ鍋店 赤門屋さんの灼熱地獄に行ってきた(2年連続2回目)

こんにちは。7月下旬から勇者をしているロトゼタシアのわいです

今週の日曜日(2017年8月27日)にJRで言うと南福岡駅、西鉄で言うと雑餉隈駅近くにあるもつ鍋店 赤門屋さんの36周年記念イベント「灼熱地獄2017」にお邪魔してきましたのでその時の様子をご紹介したいと思います

ちなみに昨年もこちらのイベントには参加させて頂いており、その時の模様は以下のページでご覧いただけます

福岡の老舗もつ鍋店 赤門屋さんの35周年記念・灼熱地獄2016に行ってきた

灼熱地獄ってどんなイベント?

イベントの詳細は赤門屋の店主 瀧澤さんのブログMOTSUPEDIAでご確認いただけます

要約すると

  1. 真夏に暖房を入れた部屋で熱々のもつ鍋を食べる
  2. 服装は長袖長ズボン
  3. 身に付けるものには何かしら赤いものを
  4. 飲み食い放題2,000円

という、(4)に関しては非常に嬉しいものの、夏の暑い日に(1)(2)はかなり厳しい、灼熱地獄の名にふさわしいイベントです

イベントに来て行く赤い衣装を用意する

タキツバグッズ一覧

昨年は入稿データをオンラインで送るとTシャツや様々なオリジナルアイテムが作れるSUZURIというサービスを利用して作った赤いTシャツとジャニーズ応援うちわっぽいやつを作りました

ちなみにこれらのグッズは昨年のイベント終了後、赤門屋さんに寄贈したため手元にはもうありません

昨年のようにTシャツにオリジナルプリント入れたやつをもう一回作るのもいいかなと思っていた8月上旬のある日、LINEにH&Mからセール品をさらに30%値下げのクーポンコードが送られてきました

普段赤い服を着ることがない=赤い服を持っていない私には超絶朗報だったので早速H&Mをチェック

h&mの赤いジャージ

赤で長袖でMかLサイズがあるやつだとこれ一択だったので、迷わずこちらをゲット

赤いジャージ

届いたジャージはこんな感じ

個人的には普段使う機会は全くなさそう

なので、今後使うとかってことは全く考えずに今回のイベント仕様にしていくことにします

赤門屋ジャージ

表側には「赤門屋」の文字を

motsunabeロゴ

背中側にはメタリカっぽいフォントでMOTSUNABEの文字をアイロンプリントで入れました

ちなみにメタリカ風のロゴは

で作成したものをイラレでパス化して使い、表の「赤門屋」ロゴはパソコンの中にあったフォントから適当にデータを作りました

作ったデータはGraphtec社のcraft roboと言うコンパクトなカッティングプロッタ(私物)を使って、アイロンプリント用のシートをカッティングして制作しました

現在はcraft roboシリーズの生産は終わっているらしく、同じような性能の機械はsilhouette CAMEOというシリーズになってるみたいです

当日の模様

赤門屋の階段

もつ鍋の美味しそうな匂いがするいつもの階段をおりていくと(今年は入り口時点ではカメラをカバンから出していなかったので、写真は昨年の引用です)

相変わらずヤバい(いい意味で)赤門屋さんのメンバー

タキツバ

このインパクト抜群な方は赤門屋の店主さん

お名前は瀧澤翼(通称:タキツバ)さん、とてつもなくジャニーズ感あふれるお名前の持ち主です

そんなタキツバさんに今年はなんで「止まれ」にしたのか聞いて見たところ「逆に止まらないぜ」という想いのもと「止まれ」にしたそうです

反骨精神的なあれでしょうか??

注文を取るタキツバ

そんな「止まれ」に扮したタキツバさんがお客さんに挨拶周りをしている姿がとてつもなくシュール

タキツバさんの他にもスタッフのシンゴさん

真っ赤な全身タイツを来ているだけだと思いきや

おめでたい感じ

立ってみるとこんなにおめでたい感じ?の装飾

迫り来る鈴

カメラを向けるとこんな感じに迫って来て、なんだか大迫力です

そんなヤバいお二人をはじめとした赤門屋スタッフのみなさん達がイベントを盛り上げてくれます

店内いたるところに貼られた名言?

罰金

この日の店内には灼熱地獄参加者に向けられた名言みたいなものがいたるところに貼ってありました

  • 「暑い」一言につき罰金¥20,000,000
  • 暑いのは気温のせいじゃない!キミのハートのせいだ!!
  • この夏イチ美味しい生ビールを飲もうぜ!!
  • 暑さの向こう側にあるものそれは。。。「貧血」です。
  • 男なら黙ってホットカルピス!
  • 腕まくり、見つけ次第シバキまわします!
  • ブランケットあります

写真に写り込んでいたものを確認するとこんな感じの名言たちがが店内に張り巡らされていました

タキツバさんが「暑い」って言ってるのを何回か聞いたので、次回ご請求の際に20,000,000円上乗せして請求してみたいと思います

赤門屋 灼熱地獄2017 イベント中の模様

灼熱地獄のメニュー

イベントではもつ鍋、お通し、飲み物が食べ飲み放題

しかも、福岡のお酒「若波」まで入っているところが、日本酒にこだわりを持たれている赤門屋さんらしく素晴らしいチョイスだと思いました

灼熱地獄スタート

灼熱地獄はタキツバさんの挨拶からスタート

タキツバさんの頭上に見えるエアコンはこの日の為?に新しいものに入れ替えられたんだそう

なんとお値段〇〇〇万円!

乾杯

タキツバさんのの挨拶が終わると灼熱地獄スタート!

言うまでもなく、暑い中で飲むキンキンに冷えたビールは格別です

もつ鍋(食べかけ)

そしてビールにはもつ鍋がよく合います

※美味しそうなもつ鍋の写真を載せたかったのですが、食べかけの写真しか撮ってませんでした

サンシャインタキツバ

灼熱地獄開始後、各々飲んだり食べたりしていたところ衣装チェンジしたタキツバさんがすごい勢いで登場

テンションが高いタキツバ

登場してきたタキツバさんをみて思った率直な感想は二つ

  1. テンションたけー
  2. 格好が涼しそう

絶叫するタキツバ

テンション上がりすぎて預金残高とキャッシュカードの暗証番号を絶叫していました

そんなサンシャイン瀧澤が降臨した後もベストドレッサー賞やロシアンお通しルーレット(お通しに辛い調味料をつけてるやつを食べたら負けのゲーム)があったりと、退屈する間も無くあっという間に終了の時間に

灼熱地獄のお土産

帰り際にいただいたお土産もティッシュかなと思いきや

お土産2

使い捨てカイロという徹底ぶり

苦しくも楽しいイベントなので、また来年も参加したいと思います

最後に

なんか前振りだけ長くて、イベント中の模様がやけにあっさり終わったなと思われる方もいらっしゃるかもしれません

今回で二度目の灼熱地獄への参加となったのですが、たまたま去年席が隣だった方々と今年も隣だったということもあり、いろんな話をしたり、飲み食いを楽しんだりと普通にイベントを楽しんでいたので、終わってみるとあんまり写真を撮ってなかったという感じとなってしまいました

でも、それだけ楽しいイベントってことは間違いないです

昨年と大きく違うなと個人的に感じたのはエアコンが新しくなったおかげなのか、座った席の場所のおかげなのか昨年よりは暑さがマイルドに感じました

エアコンの本来の目的は灼熱地獄を作ることではなく、快適な温度に自動調整してくれることだと思いますので、エアコンの入れ替えはお店的には大成功ってことで間違いないんじゃないでしょうか?

きっと、この記事からはお店の魅力とかもつ鍋の美味しさとかが全く伝わっていないと思いますが、本当に美味しい上にリーズナブルで、店員さんも感じがいい、めちゃめちゃオススメのもつ鍋屋さんです

お近くの方や福岡へ旅行でいらした方はぜひ行かれてみてください(人気店なので予約して行かれることをおすすめします)

遠方の方は通販でもご購入いただけますよ

ちなみに弊社では先日、社内のミーティングスペースで赤門屋さんのもつ鍋を食べるイベント。通称モッツパーティーを開催しました

その時の模様はInstagramにアップしています

今日は会社でモッツパーティー #もつ鍋 #赤門屋 #モッツパーティー

MAGNETSさん(@magnets_inc)がシェアした投稿 –

同じカテゴリー(スペシャル)の記事