BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スペシャル
  4. 会社の人をクリスマスパーティーに招待してみた
by 漢ムラタ 漢ムラタ

会社の人をクリスマスパーティーに招待してみた

会社の人をクリスマスパーティーに招待してみた

こんにちは、漢ムラタです。

今年もやって来ましたね・・・

そう、サンタ狩りクリスマスの時期です。

みなさんはどういったクリスマスを過ごす予定でしょうか?

仕事でそれどころじゃない人や恋人と一緒にクソみたいに人の多いところでクソみたいに高い料理をむさぼってクソみたいな素敵な時間を過ごす人もいるでしょう。

当然リア充な私もクリスマスは画面の中の恋人と一緒に過ごす予定ですが、今年はそれをグッと我慢して、どうせ1人で過ごすであろう非リア充の会社の人たちリア充の私が主催のクリスマスパーティーに呼んであげて、日頃彼らが味わう事のないリア充感を大いに楽しんでもらおうと思います。

目次

  1. 序章「宴への誘い」
  2. 第一章「構築機械」
  3. 第ニ章「君と私の間に交わされる言葉」
  4. 最終章「孤人の星」

序章「宴への誘い」

20141224-05

まずは非リア充のスタッフ達にお誘いのメールを出すにあたって、メールの文面のみだと素っ気ないのでちょっとしたクリスマスにちなんだイラストなんかも描いて添付することにします。

こうすることで楽しそうな感じを演出でき、引っ込み思案なスタッフたちも参加しやすくなるはずですね。

この辺の気づかいがリア充たる所以です。

20141224-06

線画は「CLIP STUDIO PAINT PRO」を使い、塗りは「Photoshop CC」で、休みの日も使って描きあげました。

背景のどぎつい黄色が明るい感じを出してていい感じですね。

「クリスマスおめでとう。ぜひ来てください」と要件を簡素かつストレートに伝え、テキストツールを使わずに手書きにすることで親しみやすさも演出しています。
ちなみに「CLIP STUDIO PAINT PRO」はこの日のためにわざわざ購入しました。

これだけ手の込んだことをすればスタッフのみんなもきてくれることでしょう。

第一章「構築機械」

メールを出した当日、マグネッツのディレクションニキことカツゲさんに呼び出されました。賞賛のお言葉でしょうか。

20141224-01

話というのは他でもない、お前が送ってきたクリスマスのお誘いについてじゃ・・・

お前が柄にもないクリスマスパーティーをしようとバイクでツーリングや博多湾で釣れもしないエギングをしようと、そんなことに口出ししとうない。

しかし・・・

しかしじゃ!

給料倍増の要求をしてから(※していません)のお前は・・・

な、

なにか道を踏み外しているような気がするんじゃ!

20141224-02

以前のお前に戻ってくれんか!

孤人の星を目指し(※目指していません)

まっしぐらに突き進んでいたあの姿!

あの姿なくしてお前の進むべき道がどこにあるんじゃ!

仕事に立ち向かった時のキーボードを壊してしまいかねないあの気迫はどこへいった!!

構築(コーディング)以外何もいらん

構築(コーディング)ロボットとして生きると誓った(※誓っていません)

漢ムラタはどこにいった!!

20141224-03

「何がクリスマスじゃあい!!!!!!!!!!!」

20141224-04





第二章「君と私の間に交わされる言葉」

構築ロボットという思いもよらぬ言葉に若干の動揺を覚えつつも、ついにクリスマスパーティー当日に。

20141224-21

構築ロボットとしての私を期待しているカツゲさんは恐らく来ないでしょうがまだ非リア充のスタッフはたくさんいます。

きっと楽しいパーティーになるはずです。

20141224-22

20141224-23

20141224-27








「ピロン♪」

20141224-27

「社長の野本さんとリーダーのかわさきさんからメールだ・・・」

20141224-26

来年はこの野本

命ばかけて大口の仕事をとってきてみせますばい!

パーティーはそれからでん遅くなか!

20141224-10

メリークリスマス!

こんな言葉は無用だ!

君と私との間に交わされる言葉はこれのみ!

残業!!(※マグネッツは無理な残業はしないホワイトな会社です)

20141224-08

「・・・・・」






「ピロン♪」

20141224-11

「他のスタッフからだ!」

20141224-25

「旦那だ・・・

旦那さんの手前これないんだ・・・

どうせ家で独身の俺のことをこき下ろしてるに違いない!」

20141224-12





20141224-13

「結局誰も来なかったということか・・・」

最終章「孤人の星」

20141224-14

フハハ・・・

誰も来なかった。それは当たり前だ

クリスマスは人間同士でやるものだ。

貴様がこれほどの支度をして待った。

しかし誰も来ない。

それはみんなが貴様を構築(コーディング)ロボットということを知っていたからだ

ロボットはクリスマスはやらん!

20141224-07

なんならどうだ?

ロボットはロボット同士

俺とやらんか?

メリークリスマス!!

さぁ構築(コーディング)以外何もできない(※できます)

構築(コーディング)ロボットのため乾杯だ!!

20141224-15

20141224-16

20141224-17

ちくしょう!

こんなもの!!

ちくしょう!!

ちくしょう!!

誰が貴様なんかと!

20141224-18

貴様なんか・・・

貴様なんか会社に来たら・・・

叩きだしてやる!叩きだしてやるぞ!!(※マグネッツはお客様を叩きだしたりしておりません。安心してご来社ください。)

20141224-19

畜生・・・

俺は人間なんだ・・・

人間なんだぞ・・・!!






20141224-20

ち く し ょ う ・ ・ ・






20141224-24

この話は一部フィクションです。

なんのことかさっぱり分からなかった方は「巨人の星 クリスマス」でググってください。

私は仕事ですがみなさんは良いクリスマスをお過ごしください。

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング
ページの先頭に戻る