BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ネット広告・サイト運営
  4. サイト運営お役立ち情報
  5. 話題になったアノ広告文をつくってみよう
by まつざき matsuzaki

話題になったアノ広告文をつくってみよう

話題になったアノ広告文をつくってみよう

どうも松崎です。


゛マグネッツ゛事業部に゛入社゛して半年・・・・・・
『疾風(かぜ)伝説 特攻(ぶっこみ)の拓』の゛洗礼゛を受けました。

アノ広告をつくる

さて、今回のブログ。少し前の話題ではありますが、2020年元日のある新聞広告が注目を集めました。

大手百貨店グループ西武・そごうの『さ、ひっくり返そう。』です。炎鵬関の写真とともに、11行のボディコピーが綴られていました。

『さ、ひっくり返そう。』公式ページ

大逆転は、起こりうる。

わたしは、その言葉を信じない。

どうせ奇跡なんて起こらない。

それでも人々は無責任に言うだろう。

小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。

今こそ自分を貫くときだ。

しかし、そんな考え方は馬鹿げている。

勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。

わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。

土俵際、もはや絶体絶命。

ここまで読んでくださったあなたへ。文章を下から上へ、一行ずつ読んでみてください。逆転劇が始まります

ネガティブな思いを書いた文章が、下の行から追うと窮地でも諦めない強い気持ちの言葉に変わりました。

キャンペーン動画は2020年5月15日現在、118万回再生を突破しています。

Twitterでは「言葉の力ってすごい!」「秀逸」などの感想ツイートが並んでいました。この発想を思いついたクリエイターさんは普段どれだけ日本語と向き合って考えてきたんだろう……と思うと尊敬を通り越して恐ろしくなってしまいます。

制作したのは株式会社フロンテッジという広告代理店です。ソニーと電通の合資会社でした。電通案件だからって避けないでほしい。

株式会社フロンテッジ 実績紹介

ゼロから広告のアイデアを生み出すことが何よりもすごいのですが、この「ひっくり返し文章」だけなら簡単に真似できます。やってみましょう。

コツは逆接の接続詞と打消しの助詞

そごうのコピーは1行目「大逆転は、起こりうる。」のあとすぐに「わたしは、その言葉を信じない。」と来ます。

逆読み広告解説1

信じない」は動詞「信じ(る)」+否定の助詞「ない」に分割することができます。「起こらない」も同じです。これで1行目=大逆転は起こりうるを否定できました。
ポジティブ→ネガティブに変わった状態です。

逆読み広告解説2

4行目には「それでも人々は無責任に言うだろう。」とあります。

「それでも」は逆接の接続詞。前の出来事から予想できない状態を述べる場合に使われる言葉です。

「小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。今こそ自分を貫くときだ。」と、人を奮い立たせる言葉が立て続けに並びました。
ネガティブ→ポジティブに戻っています。

逆読み広告解説3

 

ここで「しかし、そんな考え方は馬鹿げている。」と来ました。

「しかし」は逆接の接続詞のなかでも強い力を持つ言葉です。遊戯王で言ったら星10くらい。

なぜなら「しかし」は「話し手が重要だと感じている事柄を、前に述べた文章と比較対照して強調する」場合に使われるものだから。

評論や説明文で多用される書き言葉です。読者に語りかけるそごうのコピーの中では、少しかしこまった印象。否定する効果を強めています。

ポジティブ→ネガティブに、ドンと裏返されました。

そしてラスト3行はネガティブな言葉を畳み掛けます。最後は「絶体絶命。」と体言止めです。体言止めも通常の会話では使わない書き言葉。余韻を深める効果があります。

上から順に読むと、最後にはネガティブな印象になってしまいました。

しかし!!!(逆接を強調していますよ)

逆さに読むと、ここまで説明した効果がそのまんま反転します。

逆読み広告解説4

ポジティブ→ネガティブ→ポジティブ→ネガティブの文章が
ネガティブ→ポジティブ→ネガティブ→ポジティブに変わりました。

強い逆接である「しかし」の後に来る「今こそ自分を貫くときだ。」というポジティブな感情は読者に強く作用します。

そのため終盤に「それでも人々は無責任に言うだろう。どうせ奇跡なんて起こらない。」という否定的な文章が入っていても「自分を貫く気持ち」はあまり揺るぎません。

つくってみよう

では、簡単ではありますがこの逆読み文章をつくってみましょう。

「大好きなケーキを買いに行こう。

私はケーキを食べている時間が一番幸せだ。

しかし、そんな毎日も今日で終わり。

甘いものの食べすぎは身体に毒だ。

おやつを絶ってダイエットに励む。」

こんな感じでしょうか。

「しかし」で始まる文章は、ポジティブでもネガティブでもないニュートラルなものにするのがミソですね。

普段の生活にどう活かせるのか私にもわからないのですが、逆読み文章が役立ちそうなときがあったらぜひ使ってみてください。

゛次゛の゛ブログ゛は゛夏゛だ・・・・・・゛誠サン゛・・・・・・!

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング
ページの先頭に戻る