BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ネット広告・サイト運営
  4. サイト運営お役立ち情報
  5. 自社求人ページ充実のススメ
by かわさき かわさき

自社求人ページ充実のススメ

自社求人ページ充実のススメ

タグ:特攻の拓」の記事を増やせないものか…と、考えたけど普通に無理でした。かわさきです。

ここ数年、売り手市場であることを反映してか採用サイトやページについてご相談をもらうことが増えています。以前であれば、採用専用サイトは一部大手企業だけが設けるものでしたが、近年は中小企業でも珍しくなくなってきました。

採用専用サイト…とまではいかなくても、自社サイトで採用コンテンツを充実させることにはたくさんのメリットがあります。

自社サイトで採用コンテンツを充実させるメリット

好きなタイミングで、好きな内容を掲載・更新できる

各種求人媒体はフォーマットが決まっており、好きなコンテンツや内容を載せることができない場合があります。(フォーマットが決まっていることで、求職者は情報が探しやすいというメリットはあるのですが…)

自社サイトであれば特に制限はありませんので、リアルタイム性のある情報を更新したり、独自のコンテンツでPRすることが可能です。

ミスマッチを防ぐ・本気度の高い応募を増やす

もし自分が求職者と仮定して考えると、求人ポータルサイトや求人情報誌で求人を見てそのまま応募するでしょうか? 長く働く職場を探している場合、WebやSNSで検索して追加の情報や評判を確かめる人が多いのではないかと思います。

その際にきちんとした情報を自社サイトに掲載しておけば、追加情報を求めている求職者にアピールすることができます。また、「自社サイトまで訪れて求人ページにしっかり目を通してくれた求職者=本気度が高く、自社を理解してくれている求職者」となりますので、応募の時点でミスマッチが防げることも大きなメリットです。

お客様から伺ったり自社で採用活動を行った体感でも、自社サイトを見て応募してくれた求職者は長く働いてくれる人が多いです。

求職者の不安を解消する

上段とも繋がりますが、他求人媒体を見てわざわざ自社サイトまで訪れてくれたということは、求人媒体では情報が足りなかった=まだ知りたいことがある=不安要素があるのではないでしょうか? そこで求職者の不安を取り除ける情報が載っていれば、納得してもらえてエントリーに繋がりやすいと考えられます。

  • 実際に仕事する場所はどんなところ? → 職場、特にワークスペースの写真を掲載する
  • どんな人と一緒に働くの? → スタッフインタビューや集合写真を掲載する
  • どんな仕事をするの? → 詳しい業務内容や一日の仕事の流れを掲載する

また、応募時や面接時に求職者からよく上がる質問を「よくある質問」としてまとめておくと、応募や面接対応時に説明する時間が省略でき、より詳しい話を集中してすることができます。

自社採用コンテンツの注意点

「自分たちが伝えたい情報」だけではなく「求職者が知りたい情報」の充実を目指す

これは採用コンテンツに限らないのですが、Webサイトの内容を考えるとき私達はどうしてもあれも知ってほしい、これも知ってほしい…と、自分たちが伝えたいことを詰め込みがちです。利用者目線でコンテンツを考えることが重要なのです。

求職者が知りたいこととはなんでしょうか?

それは身も蓋もないですが「働くことで自分にメリット or デメリットがあるか?」ということです。

メリット一例

  • 給与は求める金額か?
  • 昇給は? ボーナスは?
  • 福利厚生は充実しているか?
  • 休みは取れるか?
  • スキルアップができるか?(OJT、研修制度など)

デメリット一例

  • 残業は多くないか?
  • 自分がやりたくない仕事はないか?
  • 気の合わない上司や同僚がいないか?

上記はあくまで一例で、人によっては何がメリットでデメリットかはもちろん違います。求職者の立場に立って、どんなことを知りたいのかを意識して掲載する内容を考えましょう。

もちろん、自分たちが伝えたいメッセージを入れることも重要です。代表メッセージや企業理念に共感して応募してきてくれた求職者はとてもありがたい存在です。熱い想いがあるのであれば、是非ぶつけていきましょう。

カッコつけすぎない

採用の窓口となるページですのでビシッと決めたくなりますが、普段の自社とイメージがかけ離れていると、実際に求職者来たときに「あれ?」っとなってしまいます。期待していたイメージと違う場合、応募辞退に繋がりかねません。

自社の訴求ポイントや特長をしっかり把握し、それを活かすデザインやコンテンツを作り、過剰になりすぎないよう気をつけましょう。ミスマッチを防ぐには、採用後、求職者が自分が働く現場や姿をリアルに想像できるかが重要です。

ただ、少しでもいい印象を持ってもらえるよう工夫をすることは悪いことではありません。例えばオフィスやスタッフの写真をプロに撮ってもらうと、同じ場所でもぐっとよく見えると思います。

SEO効果は、まずは期待しない

自社サイトに求人を掲載することで、求人媒体に出稿しないでも検索エンジンから直接訪れて応募してくれる人が増えるのでは?…と期待されるかも知れませんが、なかなか難しいのが現状です。

試しに「職種名 + 求人」「職種名 + 採用」でWeb検索してみるとどうでしょうか? 各種求人サイトのページがずらーっと並ぶのではないかと思います。採用市場は動くお金が大きく、儲かる市場=Web上でも激戦区となりますので、なかなか一企業の採用ページが立ち向かうことは難しいです。

採用コンテンツを充実させていけば、決して検索エンジンで上位表示させることも不可能ではありません。ただし、長く・しっかりと運用することが前提となりますので、作った当初は各種求人媒体や採用イベントのプラスアルファツールとしての働きを期待しましょう。

終わりに

せっかく採用情報のページを作るのであれば、味気ない募集要項だけではなく少しでも応募につながるページにしたいですね。

マグネッツでも求人コンテンツや採用サイトのご相談、随時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください!

ページの先頭に戻る