BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ネット広告・サイト運営
  4. マーケティング
  5. LINE公式アカウントをつかってみよう_シンプルQ&A編
by たなか たなか

LINE公式アカウントをつかってみよう_シンプルQ&A編

LINE公式アカウントをつかってみよう_シンプルQ&A編

お世話になっております、たなかです。名画、奥が深いですね。

前回移項方法についてブログを書きましたが、今回は実際に新しい機能を使ってみようと思います!

LINE公式案内はこちらからチェック!

弊社ではLINE公式アカウント設定代行などのサービスは行っておりません。作業方法など詳細のご確認はLINE株式会社にお問い合わせください。

目次

シンプルQ&Aの概要と設定方法

実際に質問してみた

応答メッセージとの連携でさらに便利!

シンプルQ&Aの概要と設定方法

LINE@では見たことなかった機能、『シンプルQ&A』を見つけました。
簡単な質問を受信したときに質問のカテゴリーを自動で判別し、その質問に対応するメッセージを自動で返信してくれる・・・というすごい機能です。

管理画面の「ホーム」>「自動応答メッセージ」>「シンプルQ&A」を開きます。

シンプルQ&Aのページから設定画面へのリンクがありますので、そこから上記のように設定してください。このページの一番下に下記のとおりスマートチャットについての説明書きがあります。

それではさっそく返信内容を設定してみましょう。

シンプルQ&Aのページに戻り、画面右上部の「設定」をクリック。
このページから文言の登録をしていきます。

テンプレートのままでいいものはそのままにして・・・

「カスタム」を選択したら、オリジナルで文言を登録できます。

カテゴリとして『一般的な質問』『お店の基本情報』『お店の詳細情報』にわかれていて、デフォルトではすべてテンプレート回答になっているため、導入時はすべての内容を確認(設定)しておいたほうがよさそうです。

実際に質問してみた

カスタム感したをわかりやすくするため、口語で基本情報を登録して、
テストしてみました。

おおお・・・秒で会話が成り立っている・・・!!

しかし、やはり長い文章や設定していない内容だとすぐに「わかりません」モードに入ってしまうので、「応答できない質問」と「クレーム」の設定のとき、当たり障りのない回答かつ「単語で聞き直してください」という内容を盛り込むべきかもです。

ちなみに、返信を一時的に手動に切り替えることもできます。管理画面の「チャット」を開いて、対応中のユーザーを選び、「マニュアルチャットに切り替え」をクリックすることで、手動で回答できます。

「応答できない質問」に上手く対応できてなかった場合は、手動で回答を入れてあげるとよさそうですね。

応答メッセージとの連携でさらに便利!

シンプルQ&Aでは対応できない質問も、LINE@時代からある「応答メッセージ」をごりごりに登録しておけば、なんとか対応することができます。

自動応答メッセージ>応答メッセージの画面で作成を押して・・・

こんなかんじで設定していきます。
【タイトル】は応答メッセージ時には反映されないので見て判別できるものであれば大丈夫です。【ステータス】がオンであれば、キーワードを打ち込まれた際にこの応答メッセージが自動返信されます。【スケジュール】は、設定しなければ常にこの回答が使われます。設定することで期間を区切って配信ができます。

そして、【キーワード】ですが、いわゆる文字揺らぎには対応してくれていません・・・ひらがな、カタカナ、別の文章で聞かれたときのさまざまなパターンを登録しておかなければ、シンプルQ&Aで設定した「応答できない質問」の回答などが返されてしまいます。

なので、よく聞かれる質問かぎっては、キーワードを細かくカスタマイズして使うか、質問の文章を指定してしまうかが良いかと思います。今回は書ききれないですが、リッチメニューと応答メッセージを組み合わせてもいいですね!

毎回長くてすみません!以上です!!

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング
ページの先頭に戻る