>  >  >  > 

インターネット広告用のWebページを作る時に気をつけたいこと

インターネット広告用のWebページを作る時に気をつけたいこと

いやはや毎日暑いですね。かわさきです。

さて、マグネッツではWebサイト制作の業務と並行してインターネット広告の運用代行業務を請け負っております。

私自身は普段、広告の管理は行っていないのですが、年に一回Googleパートナーズ主催で開催される、AdWords認定資格のセミナーに出席してインターネット広告の基礎知識の勉強と資格の更新を行っています。

なかなか業務的にここで得た知識を活かすことができないのですが、せっかくなのでデザイナー目線で、インターネット広告の仕組み的に出稿するWebページを作る時に気をつけたい点をまとめてみたいと思います。

目次

検索広告の順位を掲載順位を左右する「品質スコア」

ここからはGoogleアドワーズの検索広告(Google検索の検索結果画面に表示される広告)を例に説明しますが、Yahoo!の検索広告やディスプレイ広告(Webサイトにバナー等で表示される広告)も仕組みはほぼ同様です。

google 検索広告

↑検索広告の表示例(「Google AdwordsやYahoo!プロモーション広告などのネット広告運用のざっくりしたまとめ」より)

GoogleやYahoo!の検索・ディスプレイ広告はオークション式となっており、キーワードやプレースメント(出稿サイト等)毎に出稿されている広告が競り合って掲載順位が決定します。

掲載順位が低くなると、掲載される場所が下の方になりクリックされづらくなったり、そもそも掲載自体されなくなったりしてしまいます。

Google検索広告の掲載順位は、キーワードごとの「品質スコア」「上限クリック単価」によって決定します。

広告の掲載順位(広告ランク)

「品質スコア」は質のいい広告であるか、「上限クリック単価」はどれだけのお金を出せるか、を見ています。

もちろん、ライバルより高い単価を出せば、より上位表示されやすくなります。しかし単価だけではなく、品質スコアをきちんと上げることで、低い単価でも上位掲載の可能性が高まり、より効果的に広告を運用することが可能になるのです。

品質スコアは、「広告の関連性」「クリック率」「ランディングページの品質」を評価します。

品質スコアの判定基準

広告の関連性

ユーザーが検索したキーワードと、広告文の関連性が高いか?
(例:「夢つくし 通販」と検索したユーザに表示する広告は「夢つくしの通販なら米屋まぐ造」だと関連性が高いといえる。「夢つくし店頭にて取り扱い」や「ひのひかりの通販なら」…だと、前者より関連性が低い)

クリック率

競合よりクリックされやすい広告か?(正確には「推定クリック率」)
よりユーザーの興味を引く(クリックしたくなる・見てみたくなる)広告文を作ることが重要になります。

ランディングページの品質

品質というのは、広告とのページの関連性の高さであったり、使い勝手などを指しています。

前2項目は広告自体を判定していましたが、こちらは出稿するWebページを判定します。つまりは、ページの制作側はランディングページの品質を気をつけることが重要なわけですね。

ランディングページの品質を上げるために気をつける点

Googleアドワーズのヘルプページにランディングページの品質についてまとめられたページがあり、そちらに何を改善するべきかがまとめられています。

※「ランディング ページの利便性」という表現になっていますが、「ランディングページの品質」とイコールです。

手順の見出しのみ引用します。

  1. 関連性が高く、有用で独創的なコンテンツを提供する
  2. ビジネスの透明性を確保し、サイトの信頼性を高める
  3. モバイル端末やパソコンで簡単に操作できるようにする
  4. ランディング ページの読み込みに時間がかからないようにする
  5. サイトのモバイル使用への対応を促進する

この手順を踏まえて、具体的にどんなことに気をつけるべきかまとめます。

ページに掲載する内容(サービスや商材)を、広告に合わせて絞る

1に関連します。例えば、「チョコレート 通販」というキーワードの場合は、チョコレートを直接購入できるカートを出すべきで、スイーツのカテゴリ一覧やチョコレートを店頭で買える店舗の情報を出すべきではありません。

せっかく広告に出すのだから…と欲張っても、関連性が低くなり、ユーザーが求めているものが埋もれてしまいます。

有益な情報をきちんと掲載する

こちらも1に関連。「有益な情報」…というとわかりづらいですが、要は「ユーザーのためになる情報・ユーザーが知りたい情報」と置き換えるといいかもしれません。商品・サービスの優れている点、メリット、競合との違い、など。

会社情報など、信頼性に関わる情報を明確に掲示する

2に関連します。会社情報、連絡先、個人情報の取り扱いについて、商品・サービスの金額…などなど。ユーザーが安心してサイトを利用したり、問い合わせたりできるように明記する必要があります。

会社情報等はランディングページ内に全て記載しておく必要はありませんが、わかりやすいところに導線を設置しましょう。

ユーザーが操作しやすいように・迷わないように配慮する

3に関連します。要するにユーザビリティを向上させ、使い勝手のいいページにしましょう…ということです。

  • 広告に出した商材のお問い合わせ・購入等の導線をわかりやすく(ファーストビューにあることが望ましい)
  • 情報を見つけやすいように、ページを構成する
  • ポップアップなど、移動の邪魔になったり煩わしく感じられる表示をしない
  • ナビゲーションやリンクは操作しやすく、押しやすいように(特にモバイルサイト)

スマートフォン対応を行う

5に関連します。パソコンにのみ広告を掲載する場合は無理に行わなくてもいいかと思いますが、スマートフォンに広告を出すのであれば必須と言っても過言ではありません。

対象ページがスマートフォン対応がきちんとできているかは、モバイルフレンドリーテストで診断できます。

ページの読み込み速度を上げる

4と5に関連します。広告クリック後のページ読み込みに時間がかかると、ユーザーが離脱する可能性が高まります。できるだけ早くページが表示されるように工夫しましょう。簡単な方法としては、画像やcss、jsなどを可能な範囲で圧縮する、記述順を工夫する…など。

特にモバイル回線の場合、ブロードバンド回線に比べてやり取りできる容量が限られていますので、注意が必要です。

Googleがモバイル回線での閲覧を想定したテストツールを提供しています。

改善案を含めた詳しいレポートを出してくれるので、それに沿ってサイトを修正していくといいでしょう。

終わりに

ここまでお読みいただいて皆さんお気づきになりましたでしょうか…?

そう、これ……普通のWebサイトを作る時全般に気をつけるべきこととほとんど一緒なんですよね…。

「ページに掲載する内容(サービスや商材)を、広告に合わせて絞る」のみ広告内容を意識しての項目になりますが、自然検索経由でも検索語句と検索結果に表示されるページの内容が合っていないとユーザーを満足させることはできません。

品質スコアの考え方は、広告向けのページだけではなく普通のサイトを作るときにも、きちんとユーザー目線に立っているかという指針としても活用できますね。

それでは。

同じカテゴリー(ネット広告・サイト運営)の記事

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング