>  >  > 

ネコとわたしのふたり暮らしvol.11 猫のニオイ問題とおすすめグッズ

少しずつ暖かくなってきて掃除の頻度があがる今日この頃。こんにちわしょうやまです。猫たちの抜け毛で感じる季節の移り変わりです。
さて、今日は猫とニオイのお話について。

先日、猫嫌いの方とお話をしたとき「猫なんかと一緒に住むなんて…気が知れない」と言われてしまいました。その方がおっしゃるには「猫がいる家は汚い臭い。住むなんて無理」とのこと。

聞くと、その方のご実家では複数の猫を飼ってらっしゃったのですが、だんだんと荒れてゆき、いまでは里帰りで家に帰ることも躊躇ってしまうほどの荒れ放題な家になってしまっているそうです。

自分も猫を飼っていらっしゃるお宅へ訪問したとき、そのニオイに驚いた経験が何度かあります。

猫の体臭は臭くない

猫=臭い。とよく挙げられますが、猫の体臭自体は実は無臭です。むしろ天日干しした後のお布団の香り…みたいな、よいにおいがします。

猫はとてもきれい好きです。常に毛づくろいをしているので特別お風呂に入れなくても体臭はニオイません。野良猫ですら、よほど劣悪な環境にいない限りニオイません。

ただ、毛づくろいをした直後の湿った毛からは、ちょっと独特なニオイがします。おそらく口臭です…。しかし、それもすぐに乾燥してニオイはしなくなりますよ。

比較としてよく犬の体臭が挙げられますね。犬は結構体臭が強いため、犬を飼ってる方が猫と触れあうと「ニオイがしない!」と驚かれることもありました。

「猫が臭い」の原因はおしっこ

では何がそんなに臭いのか?それはおしっこです。

そもそもおしっこ自体臭いものですよね。しかし猫のおしっこのニオイは特に強烈だといわれています。

野良猫がよくいる繁華街の路地裏から、ときどきツンっと匂う刺激臭。覚えがありませんか?ちょっとした花壇や植え込みから、ときどき強いアンモニア臭がしたことがありませんか。

それらは高確率で野良猫のおしっこ臭です。かなり強くて、そしてなかなか消えないあのニオイ。猫が花壇でおしっこをするとその花壇の花は全滅する…という愚痴も聞いたことあります!真偽は定かではないのですが、それぐらいの破壊力を持ってそうなニオイだという事。猫嫌いが増えるのも納得せざるを得ません。

しかしそれらも、すべてはおしっこを放置している場合の話です。

ちゃんと掃除していれば匂わない!(はず)

家で飼っている場合は、ちゃんと猫用のトイレがありますし、そこで猫はおしっこをします。そして、しっかりと飼い主がトイレ掃除を行うので、おしっこがそのまま放置されてにおいが辺りに充満する…という事はありません。

最近の猫トイレはとても優秀で、本当におしっこのニオイをよく消臭してくれますよ。

ただし、適切な掃除を行ってしっかりとトイレ管理してあることが前提です。

トイレグッズの説明に従い正しく掃除を行う

トイレ掃除を怠ってしまい許容量を越えるおしっこがトイレにあふれてしまうと、消臭することができずニオイがあたりにあふれてしまいます。

猫の個体数に有ったトイレの数を心がける

また、多頭飼いの場合はトイレの数が満足でない場合もすぐに許容量を超えてしまいます。トイレの数の目安としては、「猫の個体数+1個」です。

ただし、人気があり頻繁に使われるトイレと見向きもされないトイレなど、トイレによって使用頻度に差がある事が多いので、ちゃんと観察してトイレの掃除頻度を見極めましょうね。

 

粗相のニオイ対策

たいていの猫は自然にトイレを覚えるのですが、粗相癖のある猫もいます。そういった子に対してはむやみに叱ったりするのではなく、なぜ粗相をするのかじっくりと観察し傾向と対策を練って向き合ってくださいね。

してしまった粗相に対しては、まずはおしっこをしっかりとふき取ります。そしておしっこに効果の高い成分で掃除をしましょう。

中性洗剤

普通に洗うことが出来るものでしたらしっかりと丁寧に洗う。

クエン酸・お酢を薄めたもの

アンモニアはアルカリ性なので、酸性のクエン酸・お酢で中和・分解するのも効果的です。

熱湯

おしっこのにおい成分は熱湯でも分解できるので、熱湯を十分にかけ、火傷しないよう温度が下がってから雑巾で水分をふき取りましょう。

漂白剤

漂白剤もアンモニア成分を中和させるため効果的です。漂白剤を水で薄めて、そのまま浸け置きしたり雑巾を浸し固く絞ってからふき取ったりするとよいです。強い洗剤なので扱いには注意してくださいね。

これらの方法を粗相した場所に合わせて使い分けて掃除を行ってください。

アンモニア成分を取り除いたらアルコールスプレーなどでしっかりと消毒し、市販のペット用消臭剤などをつかって念入りに消臭すれば、だいたいのニオイは消えるかとおもいます。

掃除後の汚物のニオイ対策

猫のニオイについて盲点となるのが、トイレ掃除をした後の汚物のニオイです。

水洗トイレに流すタイプの猫トイレを使っている方は問題ないと思うのですが、そうではない場合、トイレ掃除をする度に取り除いたおしっこシートや猫砂、うんちの塊といった汚物がゴミとして出ます。

おしっこは専用シートで消臭処理されているのですが、問題はうんちの塊。普通でしたら乾燥すればにおいもあまりなくなり特に気にならないのですが、たまに恐ろしくニオイの強い子がいたりします。わたしも一匹だけ出会いましたが、指定のゴミの日まで所持しておくことが困難な状態でした><

臭いものにフタをする戦法

蓋つきゴミ箱の威力はさすがで、ニオイが外に漏れなくとても快適になりました!

しかし、トイレ掃除の後汚物を追加で捨てる度、またゴミの日にゴミを集める度に、ゴミ箱のフタを開けると充満したあのニオイが一気に噴き出して毎回ダメージを受けることになります。それにゴミ箱の内部にニオイが染みこみます。

ニオイが漏れないゴミ袋

汚物をまとめたポリ袋を何重にしてもにおいが漏れてしまっていたのですが、このポリ袋から漏れているニオイとは、「袋の結び目から漏れだしている」のではなく、じつは、「ポリ袋自体からニオイが漏れている」のです。

なのでにおいが漏れないように加工されたゴミ袋を使うことで、一切においをシャットダウン!このおかげで汚物のニオイ問題が一気に解決しましたー!

 

というわけでニオイ対策オススメグッズ

猫用トイレ

私は「ユニ・チャームのデオトイレ」の「おしっこホワイトシート」と「にゃんとも清潔トイレの脱臭・抗菌チップ」を使用しています。

消臭にとても優れているためニオイはしません。ウンチもしっかりとチップに埋まっていればニオイは漏れません。掃除もとてもしやすいです。

蓋つきゴミ箱

いろいろあると思うのですが、自分はペダル式のコチラ(楽天商品ページへ飛びます)を使っています。しっかりとニオイを封じ込めてくれました。

うんちが臭わない袋

ホームセンターのペットコーナーにありました。メーカーサイトはこちら

本当にオススメします。ペット用品ではありますが、おむつのゴミ袋として、また、災害時の緊急汚物入れにも最適だとおもいます。本当にあの不快な汚物のニオイが漏れないんですよ。

腸内環境を整える

余談ですが、あまりにもうんちのニオイがひどかった子。

病院の診断では問題なかったとはいえ、何かが腐ったニオイというかなにかこう薬品的というか、血が混じったような臭いも感じれて…うまく表現できませんが、とても不安を掻き立てられる異常なニオイだったため、このままでは健康に害があるのではないかと気が気でありませんでした。

そこで、異常なウンチのニオイは腸内環境ではないか。腸内環境を整えたらよいのではないか?と、人間と同じように善玉菌を増やそうと猫用の乳酸菌ビフィズス菌サプリをしばらく与えてみました。

するとだんだんとあの異常なにおいが薄れていき、一週間後には通常のウンチのニオイになりました。それ以降はサプリは与えていませんが変わらずです。

猫にも人間とおなじく「腸内環境」というものがあるんだなぁと感じました。
ただ、たまに見かける「排泄物のニオイを消す」系のサプリなどは怖くて手を出したくはないですね。排泄物は臭いということが自然界の摂理なのではないかとおもいます。

最後に

以上、猫とニオイのお話でした。

「猫を飼っている家は臭い。」という言葉が一般的になってほしくありません。しっかりと飼い主が掃除を行っていれば、本来、汚く臭くなることはないのですから。

しかし、どうにも対処できない猫の粗相問題に直面した場合は、しっかりと掃除をするだけでは解決できないこともあるのは確かです。こればかりは、猫の個体差によるところが大きいですよね。わたし自身、悩んだことも多くあります。

しかし人間の知恵って素晴らしいですよね。問題に直面してもなにかしら解決する方法が見つかります。諦めずに、悲しまずに、猫も人間もお互いが快適に暮らせるように頑張りましょう!

せっかくご縁があって大好きな猫と一緒にくらせるようになったんですから、誰もがうらやむような素敵な愛猫ライフを送りましょうね(^^♪

同じカテゴリー(生活・趣味)の記事

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング