>  >  > 

不思議な植物 エアプランツ(チランジア)の育て方 2

不思議な植物  エアプランツ(チランジア)の育て方 2

ごきげんよう よしだです。
寒くなってきましたが、マグネッツ植物部(現在部員1名)で絶賛活動中です。

今回は、前回の記事に続き、「不思議な植物  エアプランツ(チランジア)の育て方」について記事を書きたいと思います。

● 冬のエアプランツの管理方法

001

おおかたの植物の場合、冬は活動の休止期です。
エアプランツも冬はほとんど成長しません。暖かくなる季節までは現状維持といった状態です。

【ベランダなど戸外で育てている場合】
最低気温が10℃以下になり始めたら室内に移すようにしましょう。

【室内で育てている場合】
九州の気候であれば、よほど寒さが厳しくない限りは、季節によって置き場所を変えたりする必要はないと思われますが、冷え込みが厳しくなってきたら、外の冷気の影響を受けやすい窓辺からは少し距離を離して置くようにしましょう。

ただし、冬でも日光にあてることは大事なので、あまり日当たりの悪すぎる場所には置かないよう注意が必要です。

【水やり】
寒くなるほど水やりの頻度は減らしていきます。冬の間は株をやや乾燥気味にしておいても大丈夫です。冷え込みの厳しい日を避けて、様子を見ながら週に1回~10日に1回くらいのペースで霧吹きでお水をあげます。

● インテリアとしてのエアプランツの楽しみ方

土が要らないエアプランツは、自由にレイアウトできるのが魅力です。
ここではエアプランツの色々な飾り方についてご紹介したいと思います。

【好きな器に入れて飾る】
お部屋の雰囲気に合わせて、お好みの器に入れて飾ってみましょう。

002

こちらは弊社スタッフ 漢ムラタ氏のお宅でのディスプレイです。個性的な動物型の陶器とエアプランツの組み合わせです。
003

ガラスの器に入れて飾るのもおすすめです。

よしだ宅ではジャムが入っていたガラス瓶を再利用したり、コップや小さな器やお皿に入れて飾っています。株の座りが良くないときは、小石や砂を入れてもいいですね。

【吊るして飾る】
ガラスボールに入れたり、ワイヤーや麻紐で自作のハンギングラックを作っても楽しいと思います。

004


【木に着生させて飾る】

もともとが木に根を生やして育つ植物なので、着生させて育てるとより一層元気に育ちます。

コルクなどの木片に、針金で固定してしばらく育てると根を張ってくれます。着生させた木ごと飾るとかっこいいですね。

木への着生方法はこちらのサイトでくわしく解説されています。

site01

【アイディア次第でおしゃれにディスプレイ】
この他にも貝殻とあわせてモビールにしたり、鉱石と組み合わせて飾ったり…。
エアプランツのおしゃれなディスプレイの数々はこちらのサイトで見ることができます。

site02

site03

● エアプランツの入手方法

おしゃれなディスプレイ例を見ていると「エアプランツを育ててみたい!」と思う方もいらっしゃるのでは、と思います。

ということで最後にエアプランツの入手方法についてもご紹介したいと思います。

007

園芸店 ← オススメ

大型の園芸店では取り扱っている場合が多いです。

専門店ですので、品質管理などもきちんとされていることが多いし種類も豊富です。福岡市近郊であれば平田ナーセリーさんがおすすめです。

エアプランツについては定期的に入荷されるようなので、お近くの店舗のブログなどをチェックして入荷直後に買いに行くと、特に状態の良い株が入手できると思います。

site04

ホームセンター ← いい株に出会えれば買って良し

園芸に力を入れているお店であれば、たまに置いていることがあります。
(マグネッツの近所にあるホームセンター、ミスターマックス吉塚店でもエアプランツを販売しているのを見かけました。)

ただし定期的に入荷されているかどうかはお店によってまちまちだと思います。

また、種類の豊富さでも園芸店にはどうしても劣ります。

較的お手頃な値段で販売していることが多いので、運よく入荷直後の元気の良い株に出会えたら買っても大丈夫だと思います。

100円ショップ ← うーん…

ホームセンターと同じく、店舗によってたまに販売していることがあります。

エアプランツも「100円で買える」と思うと気軽に手が出せますね!

ただし、100円ショップのエアプランツは、お店に入荷された後、ちゃんとお世話されていない状態のものが多いです…。

お水をもらえなくて、今にも枯れそうなしわしわの状態になってお店の片隅に放置されているかわいそうなエアプランツをよく見かけます…。

こういうお店では購入しないほうがいいです。株が弱ってしまっているので、せっかく買って帰っても元気に育たない場合が多いです。

あと、「水がなくても育つ!」とか書いたポップをつけて販売している雑貨屋などでも絶対買ってはいけません。
(しかし、ちゃんとお水が与えられてお世話されている店舗もあると思うし、入荷直後であれば元気の良い株が入手できることもありますので、100円ショップや雑貨店で売っているエアプランツが全てダメ、というつもりはありません。) 

ネット通販 ← 玉石混交

ネット通販の魅力は、欲しい品種がすぐに入手できるという点です。希少種や珍種も手軽にお取り寄せできます。

ただし注意すべき点も多いです。

植物は1つ1つ個体差があるし形も違います。「Lサイズ」「Mサイズ」など、だいたいの大きさの区分やcm単位の大きさが販売ページに書いてあったとしても、実際に届く株がその通りの大きさだとは限りません。

また、品質管理がきちんと出来ていない販売者の場合は、酷い状態の株を送ってくることもあるでしょうし、輸送中の振動や衝撃で株が傷んでしまう危険性もあります。

もしネット通販で買う場合には、口コミやユーザーレビューをよく吟味して、信頼できそうな販売者から購入するようにしましょう。

よしだのおすすめのネットショップは「天狗堂」さんです!
エアプランツの専門店なので取り扱い種類も豊富、株の状態も良好です。
ガラスボールなどの雑貨も取り扱われています。

site05

蚤の市などの催事 ← 穴場

護国神社で定期的に開催されている蚤の市には、『Green Market』という植物の販売エリアがあります。

暖かい時期には出店数も多いです。前述の平田ナーセリーさんや天狗堂さんもよく出店されています。

エアプランツは最近人気が高いこともあって、品種・数とも豊富に販売されています。実際に株を手に取って比較・検討して購入できる場なのでおすすめです。

購入時にお手入れ方法をきちんと教えてくれる販売者さんが多いのもよいです。あとエアプランツ以外にも珍しい植物がたくさん見れて楽しいよ!

※蚤の市の出店者は回ごとに異なるので、HPで事前にチェックしてお出かけすることをお勧めします。

site06

● まとめ

008

2回にわたってエアプランツの育て方をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

ご興味がわいた方は、まずはお近くの園芸店などで実際に株を手にとってみるのもいいかもしれません。

100円ショップについてはちょっと否定的な意見を書いてしまいましたが、私の家にも100円ショップで購入したエアプランツがあります。まだ小さい株ですが花も咲かせるし、少しづつ育っています。

ちゃんとお世話をすればどんな植物でも元気に育ってくれるので、もし入手する機会があったら大切に育ててあげてください。

暖かい時期になったら、また植物についての記事を書きたいと思います。
それではまた。

同じカテゴリー(生活・趣味)の記事

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング