BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 生活・趣味
  4. 個人情報を守ろう!パソコンやHDDを安全に処分する方法
by ウラカワ ウラカワ

個人情報を守ろう!パソコンやHDDを安全に処分する方法

個人情報を守ろう!パソコンやHDDを安全に処分する方法

こんにちは。ウラカワです。

家でも会社でもパソコン生活なので、どうしても不要なパソコンや周辺機器が出てきてしまう・・・!

特に調子が悪かったり、壊れた外付けHDDって一番処分に困るんですよね。

今回、自宅の不要なパソコンとHDDを処分したのでまとめてみました。

パソコンを処分するには?

パソコンはそのまま粗大ゴミとして出すことは出来ないので、以下に頼ることになると思います。
(PCリサイクルマークの有無によってかかる費用が違うので注意してください。)

  • メーカー(窓口一覧
  • 家電量販店
  • 専門業者
  • 地方自治体

自分で持っていくのか、取りに来てもらうのか、または宅配便で送るのかで選ぶことになると思います。

どうするのが安全なのか?

midashi_pc_destroy_2

とりあえず邪魔だから処分したろ!!でサクッと終われば良いのですが、パソコンの場合データの扱いが重要です。

まず、必ず自分の手で削除しておきましょう!
Windowsの場合、削除してくれるフリーソフトが色々あるのでそちらを利用しましょう。

そして、回収してもらった後どうなるのかも一応念頭に置いておきましょう。

  • 分解して再資源化(レアメタルなど)
  • 中古品として販売

無料回収業者の場合は、基本的に壊れていれば分解、壊れていなければ中古品として販売する場合が多いと思います。

後者の場合はデータを完全に消去する旨が書いてあるかどうか確認しておきましょう。

また、ここで注意して欲しいのが、パソコンが壊れているからといって、HDDが壊れているとは限らないということです。

今は個人情報がちょっと漏れただけでも大事になる時代。
完全に消去してもらえると分かっていても怖い!

なので、確実にデータも抹消したい場合は、再資源化を明確にしているサービスを利用しましょう。

ドロドロに溶けてしまったものと、形そのまま市場に流れるもの。

どちらかと問われるまでもなく前者の方が安全ですよね。

それでも気になる場合はHDDを自分で破壊する

midashi_pc_destroy_3

回収してもらった後、分解するところを自分で見届けたわけではありません。

人によっては気になると思います。

その場合は、自分でHDDを破壊した後に処分しましょう。

HDDは中のディスクを壊せば読み取れなくなります。
壊すのに特に手段は問いません。
(ディスクの材質によって、砕く・曲げるなど方法は変わってきます。)

  • そのままの状態で高出力ドリルを使って穴を数カ所開ける
  • ドライバーで蓋を開けてディスクを直接破壊
  • 専用の機械で破壊
  • HDD破壊サービスを利用

DIYが趣味な人はドリルも持っていそうですが、ない場合は外側を分解して円盤を取り出す必要があります。
ただ、星型の特殊なネジが使われているので、専用のドライバーが必要です。

なので、一般人がHDDを壊そうと思ったらHDD破壊サービスを利用するのが手っ取り早いです。

実際にHDD破壊サービスを利用してみました

HDDと一緒にノートパソコンも処分したかったので、HDDの取り出しもお願いしました。

DSC_1631

さっそくHDDを外してもらいます。

DSC_1634

さすがプロ。サクッと分解して取り出してくれます。

そして、肝心の破壊作業は専用の機械に取り付けてスイッチを押すだけ。ほんの数秒で終わり。

DSC_1637

見事に穴が空きました。これだけやっていれば容易に復旧は出来ないでしょう!
ドリルで穴を開ける際の参考になりそうです!

ちなみに今回利用したのはソフマップです。

追加料金でノートパソコンなどのHDD取り出しも可で、そのままパソコン本体の方も処分してくれます。
(ただし、ケーブルや付属品は対象外)

最後に

データを安全に消去するには、やはり物理的に壊すのが一番です。

もちろん、壊す前にパソコン上で削除しておくのも大事ですよ!

トラブルにならないよう十分注意を払って処分しましょう!

ページの先頭に戻る