>  >  > 

仕事帰りに博多湾でイカ釣り!超初心者でも釣れるライトエギングのすすめ

仕事帰りに博多湾でイカ釣り!超初心者でも釣れるライトエギングのすすめ

こんにちは、稲垣です。
博多湾でイカが釣れるという話しを小耳に挟み、先日釣り竿を購入してみました。

今回は釣り経験ほぼゼロだった私がイカを釣り上げるために調べたことを簡単にまとめてみます。

目次

ライトエギングとは?

道具の準備

仕掛けを作ってみよう

ヒイカを釣ってみよう

まとめ

ライトエギングとは?

海老や魚に似せて作られた擬餌鉤の餌木を使ってイカを釣り上げる、エギングという釣り方があります。

そのエギングの中でも、アオリイカ以外をターゲットにしたものがライトエギングという括りになるようです。

エギングは餌木の動かし方にコツがいるようで、素人には少しハードルの高い釣りなのですが、ライトエギングならターゲットによってはただ糸を巻くだけで釣れることもあり、初心者でも手軽に数釣りが楽しめるようです。

今回は丁度今の時期に博多湾で釣れる10cm程のちっちゃいイカ、ヒイカを狙ってみます!

道具の準備

それではエギングをするにあたって必要な道具を揃えていきましょう。

ロッド(竿)

img141202_1

手に持つ棒です。これがないと始まりません。

ヒイカに適しているのは6~7フィート程度のハリのある柔らかい竿がいいみたいです。

釣具店に行くと釣り竿の種類の多さに圧倒されます。大人しく店員さんにオススメを聞きましょう。

私は春のアオリイカも釣ってみたいので8フィートちょいのエギングロッドにしました。

基本的にバイクでの移動になるので、コンパクトにしまえるモバイルロッドです。
継ぎ目の少ない方が性能がいいらしいので車をお持ちの方は2ピースや1ピースのもので良さそうです。

リール

img141202_2

糸を巻く器具です。

基本的にエギングではリールにあまり拘らなくてよいみたいです。軽くて使いやすければOK!

ヒイカ釣りなら竿も軽いのでリールも小さめで1000番台のスピニングリールあたりがいいそうです。

これも店員さんに相談しましょう。

写真のものは2500番の浅溝タイプです。ヒイカよりアオリイカを意識して買ってしまいました。

ライン(糸)

竿につける糸ですが、主にナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの3種類があるようです。

3種の特徴を以下に簡単にまとめてみました。

ナイロンライン スタンダードな釣り糸で種類が多く価格も安い。適度に伸びる。他のラインと比べると劣化が早い。
フロロカーボンライン 根ズレに強く切れにくい。水よりも比重が重いので速く沈む。あまり伸びない。
PEライン 他のラインの倍以上の強度があり価格も高い。劣化もしにくく長期間使用できる。軽くて伸びもないため感度がよい。摩擦には弱い。細いためライントラブルが多い。

どれを使っても釣れるのですが、感度が良いため餌木の操作もしやすくヒイカのような小さい獲物のアタリもわかるPEラインがオススメです。

ただ、PEラインには摩擦に弱いという短所があるため、底を探るような釣り方をした時などに切れてしまうことがあるそうです。

そこで、リーダーといってメインラインの先端に1mほど摩擦に強い別のラインを結んで使用すると良いみたいです。

img141202_3

私はメインラインをPEラインの0.8号、リーダーをフロロカーボンの2号にしています。リーダーをフロロカーボンにすることによって水に沈むのも速くなります。

餌木

img141202_4

海老や小魚に似せて作られた擬餌鉤です。写真のように様々なサイズや色があります。

相手がヒイカなので、1.5号~2号までの小さいサイズがいいみたいです。

色についてはその日の天候や海の濁り具合、イカのやる気によってヒットするカラーが変わるので、ピンクやオレンジなどの派手系、青や緑などのナチュラル系など、アピールの高いものと低いものを揃えるとよいそうです。

今の時期は福岡市近辺の釣具屋に行くとヒイカ専用の餌木の特設コーナーも作られていたりするので、その中から選ぶのも楽しいですよ。

エギスナップ

img141202_5

リーダーの先端に結んで使います。安全ピンのような構造で、餌木の交換を容易に行うことができます。

これがないと都度糸を結び直さないといけないのでとてもめんどくさいです。
ただ、スナップを使わずに直に餌木を結んだ方が操作しやすいという方もいるみたいなのでお好みで。

イカ締めピック

img141202_6

イカを簡単に締めるための道具です。

釣られた魚などは暴れて自身の熱で鮮度が落ちてしまうそうなので、釣ったらなるべくすぐ締めるのが基本みたいです。

イカに関してはハサミやチョップなどでも締めることができるので、なくても大丈夫と言えば大丈夫です。

仕掛けを作ってみよう

以上でライトエギングに必要な道具が揃いました。
荷物も少なく仕掛けも単純なので初心者には取っ付き易いですね!

それでは今度は仕掛けの作り方です。

img141202_7

先ほどのラインの図ですが、糸を結ぶのは赤丸の二箇所のみです。

  1. メインラインとリーダーを繋ぐ頑丈で結び目の小さい「FGノット」という結び方
  2. リーダーとエギスナップを繋ぐ箇所は強くて簡単な「漁師結び」

他にも糸の結び方はたくさんあるので自分にあったものでよいと思います。

FGノットなど複雑で難しいので初めての方は自宅で結んでから出発することをオススメします。私はまだ港で結びきれません。

糸を結べはあとはエギスナップに餌木を装着して準備完了です!

ヒイカを釣ってみよう

準備ができたらいよいよ海へ行って実際に釣ってみましょう!

どこで釣れる?

北海道南部より南の沿岸部に生息しているそうなのでほぼ全国どこでも狙えます。
冬は接岸してきているらしく、ちょうど今の時期が旬になります。

穏やかな内湾で小魚を追いかけているので、船だまりなど港内で狙ってみるのがオススメです。

狙い目の時間帯は

img141202_8

狙い目の時間帯としては夜明け前や日没前後です。朝マズメ、夕マズメといって魚の活性が高く釣れやすい時間帯だそうです。ヒイカも例外ではなくこの時間帯によく釣れるそうです。

また、イカは夜にも活性が高くなるので常夜灯の灯りの下でもよく釣れるみたいです。寒さ対策をしっかりして臨みましょう。

時間帯に加えて潮の状況もとても大事です。
干潮から満潮にかわる上げ潮で接岸し、満潮から干潮への下げ潮で沖に離れていってしまうみたいで、満潮の前後2時間程の潮が動いている時が釣れやすいそうです。

釣りに行く日の満潮の時間は事前に調べておくといいと思います!

 釣り方

img141202_9

ヒイカ狙いのライトエギングなら釣り方も簡単です。

エギを投げた後、最初は5秒くらい沈むのを待ちます。
そのあとチョンチョンと動かす→少し待つ→チョンチョンと動かす→少し待つ…の繰り返しです。

チョンチョンの後の少し待っている間にイカが抱きついてくるので、糸のハリ具合などに集中しアタリを逃さないようにしましょう。

アタリがなければ最初の5秒を10秒にし、少し深いところを探っていきます。

日中は底にいることが多いので最初から底に着くまで待ってもよいと思います。

夜は常夜灯の明かりに集まるため、上層~中層でのヒットも多いそうです。

深さを変えてみても特に反応がなければ横に少し移動してまた投げてみてください。

エギングでは数メートル移動してみたらアタリが!という事もよくあるらしく、基本的にこまめに移動しながら行うのがよいそうです。

ヒイカは群れで行動していることが多いため、一度アタリが出ると近くにまだ他のヒイカがいる可能性が高く、連チャンで狙うこともできるそうです。

まとめ

以上が一連の流れになりますがいかがでしたでしょうか。

道具を揃えたばかりのド素人でも釣れるので、本当に初心者でも取っ付きやすい釣りだと思います!

イカがかかった時のジーッジーッという手応えと釣りあげた時の感動はクセになりますよ~。

ヒイカは下処理も簡単で身が柔らかくとても美味しいので、煮物やバター焼き、刺し身に海鮮パスタなど食べる楽しみも大きいです。

1杯2杯じゃ全然足りないので、ぜひ数釣りにチャレンジしてみてください!

同じカテゴリー(生活・趣味)の記事

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング