BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 生活・趣味
  4. デザイナーのための簡単手抜きレシピ 第6回 きのこの炊き込みご飯
by よしだ よしだ

デザイナーのための簡単手抜きレシピ 第6回 きのこの炊き込みご飯

デザイナーのための簡単手抜きレシピ 第6回 きのこの炊き込みご飯

ごきげんよう、たけのこの里よりきのこの山派のよしだです。

不定期で連載しているデザイナーのための簡単手抜きレシピ、今回はきのこを使ったメニュー2品のご紹介です。

バックナンバーはこちら→ 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回

第6回 きのこの炊き込みご飯

きのこは低カロリーでお値段が手頃なのも魅力ですね。ダイエットしたい方にも嬉しい食材です。

かたちが愛らしいのもポイントが高いです。ビジュアル的に一番素敵なのはベニテングダケではないかと個人的には思っています。赤に白の水玉模様がとてもかわいいのです。(※毒キノコなので食べるとキケン)

きのこについて語りだすと止まらなくなりそうなので本題に入りましょう。

材料

y001

  • お米・・・2合
  • きのこ・・・好きなだけ
  • めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ5
  • 日本酒(もしくはみりん)・・・大さじ1
  • 塩・・・適量

きのこはいろいろな種類を入れると見た目や食感が楽しくなります。
お好みで鶏肉・油揚げ・人参などを入れてもいいですね。

1.きのこの下ごしらえ

y002
きのこはいしづきを切り落として食べやすい大きさに切ります。

今回はエリンギとしめじを入れます。エリンギは長さを2~3等分して薄切りに、しめじは房をほぐします。

2.お米を洗って調味料・きのこを入れる

y003
お米をとぎます。とぎ終わったら一度分量どおりの目盛りに水の量を合わせます。
この場合は2合なので2合の水の量に。

ここから計量スプーンで、加える調味料分の水(今回は大さじで6杯分)を計って捨てます。

その後めんつゆ大さじ5、お酒大さじ1、塩1つまみを加えます。

めんつゆをつかうのはお醤油とだしが既にあわせてあるからです。味付けの失敗もなくなるので安心ですね。

めんつゆの濃さや量はお好みに合わせて調整して下さい。
(お醤油と顆状タイプの和風だしで味付けしてもかまいません。入れすぎてからくならないよう注意しましょう。)

調味料を入れたら一旦まぜて味が均一になるようにします。

y004
最後にきのこを入れたら、炊飯器のスイッチを入れて炊きます。

おまけ えのきの梅あえ

今回はご飯を炊いてるあいだにできる簡単なおかずも一品つくります。
y005
材料はえのき茸1束・梅干し2~3個・炒め油適量です。
(調理中の写真がないのは撮り忘れたためです。)

  1. えのきは根元を切り落として、長さを2~3等分し食べやすい大きさにします。
  2. 梅干しは種をとってみじん切りにします。
  3. フライパンに油をひいてえのきをさっと炒めます。火のおろし際に梅干しを加えて混ぜれば出来上がりです。

できあがり

ご飯が炊けたら、一旦全体を軽く混ぜあわせて5分ほどむらすと良いでしょう。

y006

今回のきのこご飯の写真は、素材サイト「ソザイング」でDLできますw

お弁当にも

y007

ご飯自体に味が付いている炊き込みご飯はお弁当にも向いています。えのきの梅あえも多めに作っておけばお弁当のおかずにも使えて便利です。

今回使った3種類のきのこのうち2つがホクトのきのこでした。(ありがとうホクト)
ホクトのHPで公開されているレシピに「きのこダネ」というのがあります。きのこの常備菜で、麺類や煮物・炒めものなどにも色々使えるそうです。

こういった常備菜をうまく活用すると、忙しい時のごはん作りもバリエーションが増えて時間も短縮できますね。

それではまた。

ページの先頭に戻る