>  >  > 

デザイナーのための簡単手抜きレシピ 第2回 5分で出来るベーコン&レタス丼

デザイナーのための簡単手抜きレシピ 第2回 5分で出来るベーコン&レタス丼

ごきげんよう よしだです。

不定期で連載している「デザイナーのための簡単手抜きレシピ」第2回目はどんぶりものです。

第2回 5分で出来るベーコン&レタス丼

今回のメニューは、ご飯さえ炊けていれば5分で作れます!

まさに手抜きの王道を行くメニューです。

どんぶりものはなんでもご飯にのせてしまえば丼になるおおらかさがいいですね。

このレシピもだいたいの分量を書いてはいますが、実のところ、テキトーでも、自分が好きなだけでも、失敗することはないのでおおらかな気持ちでつくっていただければいいんじゃないかと思います。

それでは材料をご紹介しませう。

材料(1人前)

001

  • レタス・・・1/3玉
  • ベーコン・・・約40g
  • 塩・コショウ・・・適量
  • ポン酢・・・適量
  • あたたかいごはん・・・適量
  • お好みで海苔・ゴマ・卵など・・・適量

1. 材料を切る

レタスは洗って一口大くらいにちぎります。
※レタスは包丁で切ると金属に反応して変色してしまうので包丁は使っちゃダメー

002

これちょっと多いんじゃない?と心配になる量ですが、加熱するとかさが減るので大丈夫です。

003

※レタスはちぎって水気を切った状態でフリーザーバッグに入れれば、冷凍で保存出来ます!生食には向かないけどスープや炒め物にそのまま使えるので、1人暮らしで食べきれずいつも傷ませてしまう、という方はおためしください。

ベーコンも一口大くらいに切ります。

004

2. 炒める

フライパンを熱して、ベーコンから炒めます。炒めてるうちに脂が出てくるので油を引いておく必要はありません。少し色づくくらいに炒めたらレタスを入れて塩・コショウをします。
※ベーコンの塩けや最後の仕上げで味がつくので、ほんの一振りくらいで大丈夫です。

005

この後はスピード勝負です。レタスはあっという間に火が通るので、歯ごたえが残る程度にさっと炒めます。

006

ちょっとこげた

3. ご飯にのせて完成

どんぶりにあたたかいご飯をよそって、炒めたベーコンとレタスをのせれば完成です。

ポン酢をかけてお召し上がり下さい ※ここが今回の味のポイント

007

ポン酢の酸味のおかげで、さっぱりとした味になります。これから暑くなりますが、夏バテで食欲が減退してるときにもこの丼なら食がすすみます。

お好みで海苔やゴマをかけたり、ベーコンとレタスを炒めた後のフライパンでスクランブルエッグを作って載せてもいいですね。
このメニューはフライパンひとつで出来るなので、洗い物も少なくて済みます!(←どこまでも手抜き)

4. 応用編

ベーコンとレタスのかわりに、アボカドとハムで作っても美味しくできます。黒コショウを少し振ってみました。

008

レタス以外にも、火が通りやすくてベーコンと味の相性のいい葉物野菜であれば応用が効きそうなので、色々と試してみるのもいいかもしれません。ベストマッチな野菜を見つけてオリジナル丼をお楽しみ下さい。

それではまた。

同じカテゴリー(生活・趣味)の記事

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング
究極の間食|おやつの王様