BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 生活・趣味
  4. 腰痛もちのWebデザイナーがおすすめする腰痛予防法
by taniguchi taniguchi

腰痛もちのWebデザイナーがおすすめする腰痛予防法

腰痛もちのWebデザイナーがおすすめする腰痛予防法

こんにちは、谷口です。

職業柄、パソコンの前に座っていることが多いので、常に腰痛と戦っています。

ギックリ腰をおこしたことも何回かありまして、これではいけない!と対策をあれこれしてきたのですが、これが一番私には効果がありました。

それはヨガです。

お風呂上りにほとんど毎日しています。といっても5~10分くらいの簡単なものなので、今回はそちらをいくつかご紹介していきます!

半分の魚の王のポーズ

腰回りの血流を良くするポーズです。お尻の筋肉をほぐす効果もあります。

ポーズのやり方

  1. 床の上で膝を曲げて体育座りをし、左足を右脚の下、右腰の外側へもってきます。右足は左脚をまたぐようにして左腰の外側の床に立てます。
  2. 息を吐きながら、胴体を右に向かってねじり、右手を右のお尻のすぐ後ろに置きます。左の肘を、右の膝に押し当て、さらにねじります。
  3. 30秒〜1分間くらいそのままのポーズをとり、伸びたなと感じたら左右を逆にして行います。

キャット&カウポーズ

反り腰に効果的なポーズです。

私もほうっておくとすぐに反り腰になりるため、よくしているポーズです。

ポーズのやり方

  1. 四つん這いになります。
  2. 息を吸いながら腰をそらせ、息をたくさん吸い込んだら今度は手をついたまま、息を吐きながら丸まります。この時腹筋を使うと効果的です。
  3. この流れを5~10回ほど繰り返します。

ダウンドッグポーズ

簡単そうに見えて意外と難しいポーズですが、背中も伸ばすことができて腰痛改善に効果的です。

ポーズのやり方

  1. 四つん這いになり、つま先をたて、足をまっすぐに伸ばしていきます。
  2. 両手を前にずらしながら足を伸ばし、腰を持ち上げます。伸ばすのがなかなか難しいので曲げたままでも大丈夫です。腕が耳の横らへんにあり、床を思いっきり押すとやりやすいです。
  3. このまま深く呼吸を繰り返します。

三角のポーズ

立って足を広げるので、ヨガマットかすべらない所で行います。

ポーズのやり方

  1. 足を大きく広げ、腕を床と並行の高さにもってきます。
  2. 右のつま先を外側に向け、腰を左にスライドしながら胴体を右に倒します。
  3. 右手は右の足首をもち、左は天井を向け、目線も天井を見ます。そのまま呼吸をします。
  4. 伸びたなと感じたら元に戻り、今度は左右逆のことをします。

チャイルドポーズ

※土下座ではないです。

でもポーズ的には近いかも。

お休みのポーズとも呼ばれ、ポーズの間にとりいれられるポーズです。

リラックス効果があるので、寝る前などにもおすすめです。

ポーズのやり方

  1. 四つん這いになり、膝を曲げ、腰を下ろします。できるだけおしりを浮かせないように座ります。
  2. ゆっくりと息を吐きながら額を床につけます。このとき腕は少し曲げて力を抜くとよりリラックスできます。
  3. 30秒くらいこのままのポーズをとります。

最後に

あまり痛かったり、ヨガが合わない方もいると思いますので、病院の先生と相談しながらすることをおすすめします。

腰痛予防のためのヨガポーズを毎日やっていても腰痛はおきるもの…

運動せねば。ではまた。

 

 

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング
ページの先頭に戻る