BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 生活・趣味
  4. ネコとわたしのふたり暮らしvol.26 2匹目の迎え方
by しょうやま しょうやま

ネコとわたしのふたり暮らしvol.26 2匹目の迎え方

ガッキーのCMに魅せられて、年明けからリングFitをはじめました。こんにちわ、しょうやまです。

前回は二匹飼いのメリットについてご紹介いたしましたので、次は実際に二匹目を迎えたいと思った時に、どういったことに注意したらよいかをご紹介いたします!

この先20年近く、共に過ごせるか熟考する

猫を飼う前の心構えでも述べましたが、もう一匹引き取るときも一緒です。
1匹だけよりも2匹、3匹…と世話する頭数が増えるほど、責任も負担も増えます。
それをしっかりと考えてください。

年齢は若ければ若い方が受け入れやすい。

環境が変わることが大嫌な猫にとって、もう一匹猫が増えるなんて大きな変化にストレスを感じないことはないでしょう。

それでも先住猫が1歳未満の仔猫のうちであれば、まだ好奇心が強く比較的すんなりと受け入れやすいようです。老猫となると、変化に対する順応力が低く強いストレスを抱えたり拒絶する傾向が高いようです。

また、新入り猫が生後半年以下の仔猫の場合、先住猫の母性や父性が刺激されるのかスムーズに受け入れやすいようです。

トライアル期間を設ける

里親募集の際は大体トライアル期間を設けてることが多くなりました。先住猫と新しい猫が馴染めるかどうかは一緒に暮らしてみないとわかりませんものね。一緒に暮らすことがストレスでしかないようならお互いに悲劇です。

実体験や身の回りの例をみても、「最初はなんやかんやあるけど結局仲良くなる」ということばかりで、最後まで仲良くなれなかったというケースはなかなかレアだとは思います。ただ一度だけ、前に里親立候補で複数の元親さんとお話ししたときに里親候補さんの先住猫との相性が悪くて出戻ってきた仔猫の話を聞いたことがありました。

レアケースであろうとこういった可能性がある以上は、先住猫との相性が合わなかった場合の保険としてトライアル期間を持つことは絶対だと思います。

猫同士の問題になるべく干渉しない

新しく猫を迎える時、最初は別室に分けてすぐに顔合わせは避けた方がイイ…というのが定説でしたが、一人暮らしのワンルームでそんな別室があるわけもありません。なので私場合引き取ったその日にご対面しそのまま同じ部屋で過ごしてもらいました。

ただ、注意したのはできる限り干渉しない事でした。

もちろん初対面時はお互いに激しく威嚇し合ってましたが、放っておくと猫達自身で好きに距離をとって過ごすし、自分のペースで歩み寄っていってくれましたよ。

スペースに余裕があるなら少しずつ慣れさせるのがベスト

もちろん、単身用の狭いワンルームマンションなのでいきなりご対面させるしかなかったのですが、もし部屋数やスペースに余裕があるのならば定説通りに別室やケージを使って、少しずつ慣れさせていくようにした方が無難だとおもいます!

どうしても相性が悪い場合などは同じ部屋にいることが危険につながるかもしれないですしね。

先住猫を優先する

新しく猫を迎えるにあたって、一番重要なことはこれかもしれません。それは、先住猫への配慮とケアを忘れないことです。

新入り猫も、知らない人や猫のいる見知らぬ場所へ連れてこられて不安だろうし心細いでしょうが、飼い主の都合で勝手に猫一匹増やされてしまう先住猫の悲しみと失望、裏切られた気持ちを想像してください…とてもいたたまれないですよね。

また、先住猫が新入り猫にやきもちを焼いてしまわないようにするためでもありますし、新入り猫が先住猫を先輩として尊重するように教えるためでもありますよ。

飼い主がしっかりと、新入り猫よりも先住猫の方が立場がうえなんだ、と態度で示してあげましょう。

トイレは離れたところに

新しく迎え入れるなら当然トイレも新しく増やしますが、慣れるまではトイレ同士の距離を離しておいてあげたいところです。

部屋のレイアウトやスペースに合った位置に置くのは、二匹が慣れて遠慮しなくなるまで待ってあげてくださいね。

避妊・去勢手術をする

特に雄猫は去勢してないと縄張り意識が強く他の猫を受け入れにくいでしょうし、敵とみなして攻撃することも。

一般的に、去勢・避妊すると性格が丸く穏やかになるといわれていますし、発情期の事を考えても、先住猫も新入り猫も避妊・去勢手術を行いたいところです。

ちなみにうちの初代猫は、新入り猫が去勢手術を行った日から、急に距離が縮まって仲良くなりました。…去勢された者同士なにか通じるものができたのでしょうか?

最後に

いかがでしたでしょうか。

新しく愛猫を迎える場合、今までずっと一緒にいた先住猫も、新しく来てくれることになった新入り猫も、お互いに幸せな出会いとなってくれるのが一番。

自分の実体験としては、最初はなんやかんやあっても結局は仲良くなれる!大丈夫!!という想いが強くあるのですが、それはただ単に幸運なだけかもしれません。万が一、どうしても仲良くなれなかった場合の逃げ道もちゃんと確保したうえで、新しく迎えるようにしたいものですね。

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング
ページの先頭に戻る