>  >  > 

1Passwordを使って簡単安全に多くのパスワードを管理する方法(パソコン編)

1Passwordを使って簡単安全に多くのパスワードを管理する方法(パソコン編)

こんにちは。ブログとfacebookでは標準語、twitterでは博多弁、社内連絡は猛虎弁とキャラの定まらないワイです。

twitterアカウントは最近新たに再開設しフォロワーが少ないのでフォローされると喜びます。
ボタンの表記が@magnetsincさんってさん付けなところがおこがましいですが、優しいツイッタラーの方よろしくお願いします。

日々増え続けるログインIDとパスワード

さて、ここ数年色々なウェブサービスが生まれ、家から出なくても買い物が出来たり、家でも外出先のパソコンからでもスマホからもメールがチェック出来たり、銀行に行かなくても振込や入金確認が出来るようになったり、生活が色々と便利になってきています。

そんな便利なサービスが増え、使うものが増える度に毎にログイン情報が増えていきますよね。

簡単なパスワードや複数サービスで使い回しのパスワードはヤバい

複雑なパスワードは覚えられない、覚えにくいからと言って簡単に推測される簡単なものだったり、他のサービスで使用しているのと同じパスワードを使っていませんか?

上記のパスワードを見る限りすごく簡単なものや推測されやすいものを使用している方が予想以上に多いです。
これに当てはまるようなパスワードを使われている方はすぐに変更される事をお勧めします。

また、使い回しのパスワードの場合、どこかひとつのサービスでパスワードが流出してしまうと他のサービスでも悪用されてしまう可能性があるのでひとつのサービスにつき、ひとつのパスワードを設定する事がおすすめです。

 

1Passwordを使ってたくさんのログイン情報を管理する

と、前ふりが若干長くなりましたがここからが本題です。

1Passwordというアプリケーションを使って、たくさんのログイン情報を管理する方法をご説明していこうと思います。

今回はmacを使ってパソコン編をご紹介していきますがwindows版もリリースされていますので、windowsの方でも参考にして頂けると思います。
(※windows版を使用した事がないので画面表示などが同じかどうかは定かではありません)

まずはアプリケーションをインストールしない事には何も言えねーので以下よりダウンロードしてください。
※1Passwordは無料アプリではありません。

1password windows版
1Password windows版のダウンロード
 24.49ドル(4月14日調べ)

マスターパスワードひとつでいくつもの情報を管理

1Passwordを初めて起動した際にマスターパスワードを設定します。
このマスターパスワードが1Passwordの1パスワードたる所以で、頭で覚えておく必要があるのはこのマスターパスワードひとつです。

多分、初めて1Passwordを起動した際か1Passwordをインストールして初めてブラウザを立ち上げた際にブラウザ拡張機能をインストールするか聞かれると思いますので入れておきましょう。(macの場合はsafari, chrome, firefox, operaにwindowsの場合IE, chrome, firefoxに拡張機能を入れれるみたいです)

マスターパスワード入力画面

設定したマスターパスワードを入力してロックを解除します。

 

1passwordの画面

するとこのように設定済みのログイン情報が表示されます。
ログイン情報毎にわかりやすいアイコンがついていたり、アルファベット順に並べることができたり、ログイン情報やセキュアノート、クレジットカード等にジャンルを絞って表示させる事が出来るので管理も簡単です
※この画面はデモ用のログイン情報が入ったものをキャプチャしたものですので、既にたくさんのログイン情報が入っていますが、初めてアプリケーションを立ち上げた際には何も登録されてない状態だと思います。

 

1Passwordにログイン情報を登録する方法

それでは実際に1Passwordにログイン情報を登録する方法をご説明していきたいと思います。

ログイン画面

今回は広いな大きな楽しいなでおなじみのヨォドォバァシィカァメェラのログイン情報を登録してみます。

まずはいつも通りログインIDとパスワードを入力してください。

ログイン画面

するとこんな感じで1Passwordログインの保存ってウィンドウが立ち上がりますので保存をしてください。

このウィンドウが立ち上がらないよって方はブラウザに1Passwordの拡張機能がインストールされていないと思います。
インストールされているとブラウザのツールバーに1Password拡張機能こんなのが出てるはずです。

拡張機能がインストールされてない場合は1Password > 環境設定 > ブラウザ >ブラウザ拡張機能のインストールよりインストールをしてください。

保存後の画面

登録が出来たらこのように1Passwordの画面にYodobashiと言う項目が出来ています。

 

パスワードを変更してみましょう

今回、1Passwordに登録したパスワードが簡単なものだったり、他のサイトで使っているのと同じだった場合、せっかくなので1Passwordの機能を使って安全性の高いパスワードに変えてしまいましょう

パスワードを変更する

上の画像に記入しているように

  1. 現在のパスワードを入力します
  2. 新しいパスワードを入れる入力欄にカーソルを置いてください
  3. 1Password拡張機能をクリックするとパスワードジェネレーターという項目があります。そこでパスワードの長さ等を調節して「入力」をクリックしてください
    (※通常は入力をクリックすると同時にパスワードがクリップボードにコピーされています。コピーされてない人は入力の横にある下向きの三角ボタンからコピーする設定にしてください)
  4. 入力欄と確認用の入力欄両方に新しいパスワードが入力されます
  5. 変更を確定させてください

編集ボタン

パスワードを変更したら忘れずに1Passwordに登録しているパスワードも変更して下さい。

 

設定したログイン情報を使って実際にログインする方法

1Passwordに設定しているログイン情報を使ってログインするのは非常に簡単です。

ログインする方法

このように1Password拡張機能 > ログインから設定済みの情報をクリックするか

 

管理画面からログイン

1Passwordの管理画面からウェブサイトの項目のURLをクリックすると自動的にログインIDとパスワードが入力されログインが完了します

 

dropboxやicloudにバックアップをする

dropboxやicloud等のクラウドサービスにバックアップをしておけば複数のパソコンで1Passwordのログイン情報を共有することができます。

同期の設定

1Password > 環境設定 > 同期よりicloudやdropbox等のクラウドサービスや任意のバックアップをとる場所を設定することができます。

会社内で使う場合なんかは社内の共有サーバー等にバックアップをとっておくとより良いのではないかと思います。

 

まとめ

インターネットを使っている方なら必ず増えていってしまうログインパスワードを覚えやすいもので統一してしまうと、ひとつでも流出してしまった際に思わぬ被害を受けてしまいます。

私たちのようにインターネットを利用したビジネスを行っている会社や個人であればなおさらパスワード管理に気を使わないと自分たちだけでなくお客様にまで被害が及んでしまう可能性があります。

そのような事態がおきてしまう可能性を出来るだけ小さくする為にひとつひとつのサービス毎のログインパスワードをバラバラで推測されにくいものとし、しっかりと管理して行く事が重要な時代です。

この1PasswordはiOSやandroidのスマートフォン端末とのパスワード同期も可能です。スマホ編はこちらからご覧下さい

同じカテゴリー(ビジネス)の記事

マグネッツとは?
福岡でWEB制作や中小企業様の集客支援などを行っている会社です。
新着情報配信中!
商用利用OK&無料!総合素材サイト|ソザイング
究極の間食|おやつの王様